SBS、ウェンディ(Red Velvet)負傷関連の会議録が騒動に… 「コメントの大部分はファンが書いたもの」

SBS、ウェンディ(Red Velvet)負傷関連の会議録が騒動に… 「コメントの大部分はファンが書いたもの」

韓国ガールズグループ「Red Velvet」ウェンディが「2019 SBS歌謡大祭典」で負傷し治療している中、一部でSBS側が該当事故に対する深刻性を正しく認知できていないと指摘されている。

SBS側は去る1月22日、ソウル・木洞SBS放送センター大会議室で第348回視聴者委員会会議を開いた。この会議で、出演者の安全対策問題でウェンディの事故も扱われた。これは去る2日、SBSホームページを通じて視聴者委員会会議録が公開されてわかった。

視聴者会議でイ・ユンソ委員は「約2メートルの高さのステージから落下し、手首や骨盤骨折する大事故だった。SBSは事故が発生した当日、謝罪文を発表したが”誠意のない謝罪“との批判を受けて翌日、再度謝罪した」とし「出演者やスタッフの安全は、番組制作の基本中の基本だ。このような事故が再び発生しないよう徹底的に安全規則を作り、これを守る環境作りをしなければならない」と述べた。

パク・ジン委員も「多くの人々から指摘や批判がすでにあった。様々な対応策も出たと思う」とし「問題への対処も重要だ。SBSは問題発生以降、真っ先にすべき謝罪は避けて、当事者に対するものであることを忘れないきっかけになってほしい」と指摘した。

これにユ・ユンジェCPは「『歌謡大祭典』は現在、対策を設けている過程であり、相当簡略に話してきたが、その部分を少し理解していただければ幸いだ」とし「被害アーティストには直接謝罪をし、できるだけ早くそして、家族にも事故経緯を明確に説明したと聞いている。そして様々な治療過程に積極的に支援しており、今後類似の事故が起きないよう、あらゆる措置を講じている」と答えた。

パク・ギホンコンテンツ戦略本部長も答弁し「徹底的に調査をした。ユ・ユンジェCPが話したように家族と、また当事者本人にも十分に謝罪し、序盤は毎日、今は毎週コンタクトをとりながら快方に向かっている」と伝えた。(2ページに続く)

 

 

Red Velvetウェンディ、“舞台転落事故”から2カ月ぶりに近況公開…「びっくりしましたか?誕生日祝ってくれてありがとう」

・「Red Velvet」ソウル歌謡大賞で3度目の本賞受賞…「ウェンディ、この場にいないので胸が痛い」

・番組リハーサル事故で負傷のウェンディ(Red Velvet)、約1か月経過の現在も入院中

・「Red Velvet」ウェンディ、負傷により日本ツアー参加は見送り「公演は4人で」

2020.03.05

blank