「パラサイト」記者会見 ポン監督・出演者らオスカー振り返る

「作品を通じて米国だけでなく世界の観客に優れた韓国映画を披露し、戻ってきたのでうれしい」―‐。

第92回米アカデミー賞授賞式で作品賞を含む4冠を達成した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」(以下、パラサイト)で主役を演じた俳優ソン・ガンホが19日、ソウルで開かれた記者会見で感想を語った。

記者会見は「パラサイト」のアカデミー賞受賞後、韓国で初めて開かれた公式会見で、ポン・ジュノ監督をはじめソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、パク・ソダム、イ・ジョンウン、チャン・ヘジン、パク・ミョンフンなど出演者や製作陣が出席した。

ソン・ガンホは「この半年間、最高の芸術家たちと触れ合い、対話し、共に作品を観た。他者がどれほど偉大なのかを知る過程だった。私自身が小さく思えたほど偉大な芸術家を通じて多くのことを感じた」と振り返った。

「パラサイト」がアカデミー賞4冠を達成したことに対する感想を尋ねられると「授賞式でポン監督が隣に座っていた。テレビ画面を見ると私が喜びを抑えていたことが分かる。(昨年の)カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したときはあまりにも大喜びして祝ったために監督の肋骨(ろっこつ)に細かいひびが入ったという話を聞いて、今回は(監督の)顔を中心に、頬をたたいたり首をつかんだりもした」と答え、笑いを誘った。

(2ページに続く)

・「パラサイト」ポン監督が会見 アカデミー賞キャンペーンは「ゲリラ戦」

・「パラサイト 半地下の家族」、韓国映画興行歴代3位…日本公開6週目で逆走1位

・米アカデミー作品賞の映画「パラサイト」に盗作疑惑…配給会社CJ側「告訴?受け付けた事項ない」

・インド映画会社、米アカデミー作品賞の「パラサイト」を告訴? 「ストーリー盗作」を主張か

2020.02.19

blank