ラッパーVINXEN、ジョンヒョン(SHINee)やソルリらを言及し故人を冒涜と非難殺到… 謝罪へ

ラッパーVINXEN、ジョンヒョン(SHINee)やソルリらを言及し故人を冒涜と非難殺到… 謝罪へ

韓国人ラッパーのVINXENが、ジョンヒョン(SHINee)やソルリらを言及したことについて「故人を冒涜している」と非難が殺到。所属事務所が謝罪した。

VINXENの所属事務所は16日、公式立場を発表し「先ごろVINXENと関連して巻き起こったイシューについてお話します」とし、「VINXENに対するたくさんの脅迫と口に出せないような悪質なメッセージが相次ぎ、以前からうつ病を患っているVINXENは薬を服用していた状態で、冷静ではいられなくなり、本人の公式SNSではない場所にコメントを書き込んだ事実を確認しました」と説明。

また「言ってはならない言葉で故人を言及したことは、弁明の余地もないVINXENの過ちです。VINXENはこの部分において、とても後悔し心より謝罪申し上げます」と伝えた。

Mnet「高等ラッパー2」出身のラッパーVINXENは先ごろ、二股・デート暴力などの疑惑が浮上。これに、VINXENはSNSに「うわさは誤解であり、女性と和解した」と明かしたが、その後も否定的な反応が続くと、ジョンヒョン(SHINee)やソルリなど、この世を去った有名芸能人の名前を挙げて言及。「うつ病であることは事実ですよ。14歳の頃から精神(状態)がこうなのに、どうしろと。ソルリ、ジョンヒョン、死んだら欺瞞(きまん)する××(スラング)たち、俺が死んだら、笑ってください」と書き込んだ。

これに、世間から「故人を冒涜している」との非難が相次ぎ、謝罪へと追い込まれた。

WOW!korea提供

 

故ジョンヒョン(SHINee)ファンも安堵… ツイッターが休眠アカウント削除の計画再考へ

・故ジョンヒョン(SHINee)の財団と著作権協会が音楽家たちを支援!”故ジョンヒョン氏の意志がこめられている支援、更に努力したい”

・【トピック】キュヒョン(SUPER JUNIOR)、故ジョンヒョン(SHINee)のためのステージで涙

・テヨン(少女時代)、故ジョンヒョン(SHINee)に対する変わらない友情…”とても会いたい”

2020.01.16

blank