『華政』の貞明公主はなぜ大地主になれたのか

韓国時代劇『華政(ファジョン)』の主人公になっている貞明(チョンミョン)公主(コンジュ)。彼女は歴史的に「まれなほどの大地主になった王女」として知られる。どのようにして、貞明公主は広大な土地を所有することになったのだろうか。

 

晴れて自由になれる日
貞明公主は、14代王・宣祖(ソンジョ)と仁穆(インモク)王后との間に1603年に生まれた。
彼女の異母兄が光海君(クァンヘグン)である。この光海君は、1608年に15代王になったあと、王位を安定させるためという名目で貞明公主の弟であった永昌大君(ヨンチャンデグン)を殺している。
しかも、仁穆王后と貞明公主は離宮に幽閉されてしまい、2人は非常に辛い日々を耐えなければならなかった。

1623年、綾陽君(ヌンヤングン)がクーデターを起こして光海君を廃位にした。仁穆王后と貞明公主にしてみれば、晴れて自由になれる日がようやく来たのである。
1623年、綾陽君が即位して16代王・仁祖(インジョ)となった。
このときに20歳になっていた貞明公主は、幽閉されていたために婚期が遅れてしまっていた。

仁穆王后は娘の結婚を急がせ、ついに貞明公主は高官の息子の洪柱元(ホン・ジュウォン)とめでたく結婚に至った。
そして、王宮の外に豪華な屋敷を構えることができた。
ここまでは、王女として当然の待遇であったのだが、貞明公主の場合は、仁祖からさらなる贈り物があった。
それが広大な土地であった。
なぜ、仁祖はそこまで配慮したのか。
(ページ2に続く)

貞明公主(チョンミョンコンジュ)をいじめた狡猾な仁祖(インジョ)!

光海君(クァンヘグン)は仁祖(インジョ)によって暴君にされてしまった!

仁祖(インジョ)の人生はどこでおかしくなったのか

光海君(クァンヘグン)が王になった特殊な理由!

朝鮮王朝の歴代王妃が一目でわかる一覧表

2020.01.15