「X1」メンバー、最後の会議に「参加したい」と直訴も受け入れられず

「X1」メンバー、最後の会議に「参加したい」と直訴も受け入れられず

先ごろ解散を発表した韓国アイドルグループ「X1」のメンバーが 、去る6日におこなわれた、最後の会議に「参加したい」と直訴していたことがわかった。しかし、この願いは叶えられなかった。

9日、韓国メディアによると、「X1」メンバーは所属事務所代表らによる最後の会議に「参加したい」と申し出ていたという。会議がおこなわれる前夜、あるメンバーが所属事務所代表へ「(メンバー)全員が明日の会議に参加したがっている」と電話で説明。この電話は、メンバーの意見を総合した「直訴」ととれる。

しかし、いくつかの事務所代表がメンバーの会議参加を反対し、最終的に参加は実現しなかったと伝えられた。また、解散前ラストとなる音源の発表や、ファンに向けたあいさつ動画の制作も提案されたが、これを反対する事務所があったために、実現しなかったこともわかった。

なお、「X1」の解散は投票によって決定し、その過程はわずか10分間だったとも報じられた。反対票が1票でもあった場合は解散と予め決められ、結果は賛成4票、反対4票、無効票(不備があった)1票。よって、この場で「X1」の解散が決定、その過程がわずか10分だったと伝えられた。

「X1」は昨年7月に放送が終了したMnetオーディション番組「PRODUCE X 101」で誕生したプロジェクトグループ。彼らは昨年8月にデビューアルバム「飛翔:QUANTUM LEAP」でデビュー、音盤販売量50万枚を突破するなど新人としては驚くべき成果を収めた。

しかし、投票操作疑惑と関連し捜査が開始され、番組のアン・ジュンヨンプロデューサーが操作容疑を認めたことで危機を迎えた。その後「X1」の活動は中断され、今月6日、解散が公式発表された。

 

WOW!korea提供

 

「X1」の解散、わずか10分で決定… 最終協議の詳細が明らかに

・解散発表の「X1」メンバー、ファンへ”あいさつ映像”準備も一部事務所が反対し却下

・キム・ヨハン、「X1」解散の心境を告白=「愛をお返しするという約束を守れなくてごめんなさい」

・<トレンドブログ>【直訳全文】解散を発表した「X1」の一部ファン、メンバーによる新たなグループ結成を要請

2020.01.09

blank