「インタビュー」N.Flyingの日本両A面シングル 本日発売&オフィシャルインタビュー公開!

韓国で「今年のバンド賞」を受賞したN.Flyingの日本新曲完成!「FTISLANDのホンギ先輩、ジェジン先輩の助力で大きな学びがあった」

Q.2019年は、新年早々に「Rooftop」で音源チャート、音楽番組で初めての1位を獲得し、韓国の大きな授賞式で「今年のバンド賞」を受賞。グローバルツアーも経験しました。N.Flyingにとって「変化の年」になりましたよね。

ジェヒョン:悪いこともあったし、良いこともあった1年でした。人間的に成長できた年になったと思います。
フン : そうですね。メンバーたちの精神年齢が上がったかも(笑)。
フェスン:一方で、ファンの皆さんと一緒にさまざまな“初めて”が経験できた1年でした。こういう経験が毎年できるといいな。
スンヒョプ:今年は、本当に忙しくなりました(笑)。今はまだピンと来てないところもあるんだけど、きっと後に振り返ると、成長への大きな一歩を踏み出した年になるんだろうな……。これからも振り返りながら、努力していきたいと思います。

Q.「成長への大きな一歩を踏み出した」という2019年を締めくくる両A面シングル『Doll / Kick-Ass』がリリースされます。「Doll」は作詞・作曲をフンさんとスンヒョプさんが担当。歌詞のテーマがおもしろいですね。

フン:恋愛中の男性が彼女に振り回されていて、「僕はこのままでいいのでしょうか?」という相談をネットの掲示板に書き込んでいたんです。それって全力で恋愛に身を任せる“操り人形”みたいだし、相手に踊らされるって、文字通り“ダンス”みたいだなと思って、「Doll」というテーマで曲を作りました。

Q.こうんな風に、恋愛で振り回されてしまいそうなのは、誰だと思いますか?

スンヒョプ:ジェヒョンくんじゃないかな? すごく優しいから。
フン:同感。愛に溺れる……というか、“愛バカ”になるタイプだと思います(笑)。
ジェヒョン:愛バカになるのは、フンくんだと思うな。彼女が「キムチチゲが食べたい」って言ったら食べたくなくても作ってあげちゃう。そんなツンデレな感じの(笑)。
スンヒョプ:でも、バカになるくらいの恋愛って、若い時だけにしかできないと思うんです。僕らの年になったら、レベルアップして“愛の天才”にならなきゃ(笑)。

Q.そうですね(笑)。テーマもおもしろいけれど、曲のスタイルも珍しいですよね。

ジェヒョン:そうなんです。スウィングとか、ボサノバとか、いろいろなリズムが入っているんです。
フン:僕にとっては、チャレンジでした。いつもは「ロックな曲を作ろう」って思って作るのですが、今回は、「皆さんが聴きやすい曲を作る」っていう課題を自分に与えたんです。曲は優しいけれど、歌詞はちょっと悲しい感じになるといいなと思って作りました。

(2ページに続く)

・「N.Flying」、感性をくすぐる「Autumn Dream」のスペシャルクリップ映像公開

・<トレンドブログ>「N.Flying」、グローバルファンの要望で単独コンサート・マカオ追加公演が決定!

・2019年韓国で「今年のバンド賞」と「ライジング・ホットスター賞」を受賞した K-ROCKバンドN.Flying(エヌフライング) 11月13日発売両A面シングル『Doll / Kick-Ass』より 第2弾『Kick-Ass』MV遂に公開!!

・<トレンドブログ>「N.Flying」とんでもない多くの関心に感謝!

2019.11.13

blank