「インタビュー②」コン・ユ、傷つくこともある…映画「82年生まれ、キム・ジヨン」に慰められた

俳優コン・ユが映画「82年生まれ、キム・ジヨン」の出演を通して慰められたと語った。

16日午前、ソウル鍾路区三清洞(チョンロ区サムチョン洞)にあるカフェで映画「82年生まれ、キム・ジヨン」(監督キム・ドヨン)の主演であるコン・ユのインタビューが行われた。

「82年生まれ、キム・ジヨン」は、1982年に生まれて2019年の現在を生きるキム・ジヨン(チョン・ユミ)の誰も知らなかった物語を描いた映画で、チョ・ナムジュ作家の同名小説が原作だ。

コン・ユは映画「釜山行き」以降3年ぶりにスクリーン復帰し、注目を集めている。 彼はキム・ジヨンの夫テヒョン役を演じ、ジヨンを心配して見守る姿を描いた。

コン・ユは「82年生まれ、キム・ジヨン」出演を通じて伝えたいことを打ち明けた。
「『どうして他人を傷つけられないの」というジヨンの台詞と関連がある。 私もやはり大衆の前に出る俳優という職業を持った者として経験する苦痛がある。 家族の間で、両親と私の間で、置かれている立場や役割のせいで不本意な時があると考える人」と話した。

続いて「忙しい生活を送れば、現実ではこのようなことを考えられずに生きている。 映画が持つ特性のようだ。『みんな知っているが誰も知らない』というコピーと同じだ」とし「普段私たちは皆がそれを当たり前だと思っている。 そこから来る小さな傷が多く積もれば、無視できないという気がする。 私もこの映画を通じてそうした部分を慰められた。現実ではすべて忘れて生きていくだろうが、一度ぐらいはこの映画を見て自分の周りを、そして自分を振り返るきっかけになればと思う」と伝えた。

(2ページに続く)

 

  • 「インタビュー」コン・ユ、「トッケビ」以降 疲れた時期もあった…”その後に押し寄せる様々な感情があった”
  • 「コラム」10月23日公開のコン・ユ主演『82年生まれ、キム・ジヨン』の見どころは?
  • 女優チョン・ユミ、”コン・ユと夫婦コンビ、気の置けない仲” 「82年生まれ、キム・ジヨン」
  • 俳優コン・ユ、”チョン・ユミ、性格も働くスタイルもよく分かっていてリラックスして演技できた”「82年生まれ、キム・ジヨン」
  • 2019.10.16

    blank