「三銃士」ジョン・ヨンファ、男の成長していく痛み...胸が痛い

201410270707773648_544d71916977f

「三銃士」CNBLUEのチョン・ヨンファが切ない成長痛で視聴者を泣かせた。

去る26日に放送されたケーブルチャンネルtvN日曜ドラマ「三銃士」(脚本:ソン・ジェジョン、演出:キム・ビョンス)の第11話では、都元帥(トウォンス:高麗と朝鮮時代、戦時に軍隊を率いる臨時武官のことを指す)のキム・ジャジョム(パク・ヨンギュ)の計画がばれてしまい、パク・ダルヒャン(ジョン・ヨンファ)と三銃士が戻るべき場所へ戻るシーンが描かれた。

この日の放送で、キム・ジャジョムの陰謀を全て知った仁祖(インジョ:朝鮮王朝の第16代王、キム・ミョンス)は激怒し、キム・ジャジョムによって犠牲になるところだったパク・ダルヒャンを呼び出した。パク・ダルヒャンがどうやって生き残り、カンビン(ソ・ヒョンジン)を助け、戦争を止めることができたのか、全てを聞いた仁祖は「久々に聞く本当に男らしい話だった」と言い、パク・ダルヒャンの勇敢さを高く評価した。それだけでなく、パク・ダルヒャンを従六品の内禁衛の軍官に昇進させた。武官の素人だったパク・ダルヒャンはいつの間にか朝鮮の立派な軍官となった。

だが、昇進の喜びは長く続かなかった。パク・ダルヒャンは自身の捕まえてきたミリョン(ユ・イニョン)によって父(ウ・ヒョン)が殺される悲しみを味わうことになった。父の死を目撃したパク・ダルヒャンは父を抱きしめて号泣し嗚咽して、視聴者を切なくさせた。

「三銃士」は最終回まで残り1話となった中、ジョン・ヨンファは江原道(カンウォンド)出身の武士パク・ダルヒャンを演じ、視聴者に笑いと感動を与えて休まずに走ってきた。ジョン・ヨンファは武官の素人の正義感溢れる姿と完璧なアクション演技を披露する一方、三銃士との深い友情と父を亡くした悲しみまで、日々成長していくパク・ダルヒャンの姿を自然に演じてパク・ダルヒャンの特別な成長記を完成させた。

「三銃士」は最終回会は来る11月2日午後9時20分に放送される。

2014.10.27

blank