「コラム」パク・ボゴム&コン・ユ主演『徐福』のロケ地・統営市とは?

最適な作品選択
映画『徐福』の撮影は8月上旬まで続けられる。
この映画は、複製として作られたクローン人間をめぐって様々な人間たちが欲望をむきだしにしていくストーリーとなっている。
パク・ボゴムが演じるのは、末永い生命力を持った人類初となるクローン人間の徐福である。
その特異な存在を取り込もうとする国家機関のエージェントをコン・ユが演じる。彼の場合は5月上旬まで『82年生まれ、キム・ジヨン』の撮影を行なっていたのだが、それがクランクアップしたので、休まずに今度は『徐福』の撮影に集中している。
寡作で知られるコン・ユが立て続けに映画に出るというのは本当に珍しいことだ。
それだけ『徐福』はコン・ユにとって魅力的な作品なのだ。それは、パク・ボゴムも同じだろう。

旺盛なチャレンジ精神をもった彼は、クローン人間という奇抜な設定に興味を持った。そういう意味でも、パク・ボゴムは最適な作品選択を行なった。

文=『ロコレ』編集部

コラム提供:ロコレ
http://syukakusha.com/

パク・ボゴムとコン・ユの共演で話題沸騰の映画『徐福』!

パク・ボゴムこそSNS時代にふさわしいカリスマ!

コン・ユ主演の映画『82年生まれ、キム・ジヨン』を早く見たい!

コン・ユは3年間に『トッケビ』『徐福』などの何を語ったのか

コン・ユが『82年生まれ、キム・ジヨン』に出演した理由とは?

爽やかなパク・ボゴム!試練が与えた優しさ

2019.07.26

blank