Fantagioと女優カン・ハンナ、「専属契約は有効」との仲裁判定… 不公正性は認められず

韓国女優カン・ハンナ(30)と所属事務所の専属契約は「有効」との仲裁判定が下された。

25日、Fantagioは「去る22日、大韓商社仲裁院よりFantagioと女優カン・ハンナの専属契約を有効とする仲裁判定を受けた」と明らかにした。

大韓商社仲裁院の仲裁判定は裁判所の確定判決と同一の効力があり、不服が認められたないため今回の仲裁判定によりFantagioと女優カン・ハンナの専属契約は有効であると最終的に確定された。

大韓商社仲裁院側は「Fantagioは、カン・ハンナのためにマネジメント業務を誠実に遂行したとの点を認め、カン・ハンナ側が主張する契約解除事由は正当とは言えず、専属契約の不公正性を認めるのは難しい」とし、「契約コンプライアンスの原則に従い、専属契約を有効である」と判断した。

 

WOW!korea提供

  • 女優カン・ハンナ、ヒップにタトゥー…過去の破格ドレスが“黒歴史”? 「新鮮に見えたようだ」
  • IU×カン・ハンナ、美貌も輝く親友2ショット
  • “韓国芸能人99%が整形発言”のカン・ハンナ、韓国からの追放を求める国民請願まで
  • カン・ハンナ「韓国芸能人100人中99人が整形」…日本番組での暴言に韓国ネットユーザーから非難の嵐
  • 2019.02.25

    blank