V.I(BIGBANG)運営クラブでの麻薬疑惑に新たな証言 「VIP客にスタッフが麻薬使用を勧誘」

2019.02.12

韓国男性グループ「BIGBANG」V.I(スンリ、28)が運営者として関わっていたクラブBurning Sun。同クラブに数々の疑惑が浮上している中、それらが終決するようすは見えていない。

去る11日、韓国MBCはBurning Sunで麻薬使用の勧誘を受けたというAさんのインタビュー内容を放送。波紋を広げている。

この番組取材によると、AさんはBurning SunのVIP客であり、クラブスタッフから直接「麻薬使用」を勧められたと主張した。

また、MBCは昨年7月1日、Burning Sunである男性が見ず知らずの人物からのシャンパンを飲んだ後、薬物中毒の症状があらわれ救急隊が出動し、以降、Burning Sunスタッフのグループチャットで「誰かが薬を(シャンパンに)入れて渡した」とのメッセージが送受信されていたと報じた。

(2ページに続く)

・<トレンドブログ>「BIGBANG」のV.I、バーニングサン騒動の中ジャカルタ公演の追加を発表

・V.I(BIGBANG)、入隊前最後となるソウル公演にもクラブ事件の影響が…ファンが挙ってチケットキャンセル

・V.I運営クラブ関係者の団体チャット内容公開で衝撃…「ムルゲ(美しくスタイルの良い女性)をVIPルームに」

・【全文】クラブ代表、V.I(BIGBANG)の経営を否定「V.Iへの批判・叱責に心が痛む」