「防弾少年団」、米・グラミー賞出席の心境明かす 「本当に価値ある経験、大切な時間を忘れない」

2019.02.12

韓国アイドルグループ「防弾少年団」が、グラミー賞出席の記念写真と共に心境を明かした。

「防弾少年団」は去る10日(現地時間)、米国・ロサンゼルスで開かれた「第61回グラミー賞」授賞式に、プレゼンターとして出席。この日、「防弾少年団」がレッドカーペットイベントからプレゼンターとしてのステージにもあがり、現地でも大きなイシューとなった。

「防弾少年団」は授賞式後、公式SNSを通してグラミー賞出席の記念写真を公開。授賞式のレッドカーペット現場から内部での姿までをファンと共有し、喜びを分かち合った。

また、ジミンはグラミー賞授賞式で撮影した数枚の写真を掲載し「きょう本当に価値ある経験をしました。大切な時間を忘れません。ありがとうございます」と心境を伝えた。

一方、「防弾少年団」は韓国歌手として初めてグラミー賞に招待され、ビルボードミュージックアワード、アメリカン・ミュージック・アワードまで米国3大音楽授賞式を制覇した。

WOW!korea提供

  • 「ウエストライフ」、番組で「防弾少年団」にラブコール
  • <トレンドブログ>「防弾少年団」(BTS)、「グラミー賞」のレッドカーペットを輝かす☆
  • ビルボード、防弾少年団(BTS)のグラミー出席を共に喜ぶ…”短いが大きな存在感”
  • 防弾少年団、「ベストR&Bアルバム部門」のプレゼンターとして登場…”また戻って来る”「第61回グラミー賞」