「オフィシャルインタビュー」「王は愛する」 ウン・サン役ユナ(少女時代) 

2019.01.30

(c)U-story9 & ICBN

 

演じられたウン・サンについて紹介してください
ユナ:高麗時代の大商人の娘ウン・サンを演じました。世子ワン・ウォン(イム・シワン)と王族のワン・リン(ホン・ジョンヒョン)、2人の男性から愛される役柄です。

役柄と似ている点は?
ユナ:私は主演のお二人に“本物のウォンとリンみたい”と、よく言っていたんですが、“君こそサンみたい”と言われました。サンの立ち居振る舞いが、自由気ままな時と女性らしい時があるんです。それは状況によって変わるんですが、その時にかいま見られる天真らんまんな姿や、女性らしい一面など、かわいらしさが前面に出てくるとよく 私らしいと言われます。そういう時に“似てるのかも”と思います。

出演を決めた理由は?
ユナ:3人の関係がとても魅力的でした。ウン・サンという役柄なら等身大で演じられると思ったんです。
感情の振れ幅が大きいシーンも、かなりありましたが、物語の序盤で見せる、明るく快活な姿が今まで私が演じた役柄とは、全然違ったんです。
そんなところに魅力を感じて出演を決めました。

(c)U-story9 & ICBN

 

出演してよかったと思った点は?
ユナ:このドラマで いろいろな面を見せられたので、私にとって大変プラスになりました。
すばらしい出演者とご縁ができ、お仕事できたということが、一番よかったです。

撮影現場でのムードメーカーは?
ユナ:ウォン、サン、リンの3人の中ではウォンですね。シワンさんが一番のムードメーカーでした。
ジョンヒョンさんとシワンさんは面白い方で、現場でたくさん笑わせてもらいました。
スタッフにびっくりされるくらい現場でよく笑っていました。お二人ともユーモアのセンスは最高でした。
思いやりもあって、すごく優しかったです。

初めて韓国時代劇に出演した感想は?
ユナ:最初は苦労するだろうとは思いませんでした。ただ時代劇というジャンルだったので、出演を決める際には勇気が要りました。でもサンというキャラクターは、登場人物の中でも親しみやすかったので、時代劇ならではの垣根の高さは感じませんでした。
時代劇には独特の口調がありますが、このドラマには時代劇の口調があまり出てこないので、幸いだったと思います。衣装やメークは時代劇らしいものでしたが(笑)。
ロケ地までの移動に時間がかかった点がちょっと大変だったかなと思います。

(2ページに続く)

・シワンが「一番はお前だ」とユナ(少女時代)に告白!?「王は愛する」胸キュンシーンをちょい見せ!

・女優パク・ファニ、誕生日祝いに来たユナ(少女時代)に感動

・イム・シワン×ユナ(少女時代)主演の韓国ドラマ『王は愛する』オリジナル・サウンドトラック日本盤のリリースを記て、衣装展の開催が決定!