ドラマ「アルハンブラ宮殿の思い出」13話

2019.01.13

≪韓国ドラマNOW≫「アルハンブラ宮殿の思い出」13話

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

12日に放送されたtvNドラマ「アルハンブラ宮殿の思い出」13話では、ゲームにエラーが出た理由が明かされる様子が描かれた。

マルコ・ハン(イ・ジェウク)はセジュ(CHANYEOL(EXO))にあり得ない持ち分を要求した。セジュはゲームを最初から最後まで作った人だったため、正当な持ち分として7割を要求したが、マルコ・ハンは頑として受け付けなかった。

セジュは自分もヒョンソク(パク・フン)に会うと言うと、マルコ・ハンは「わかった」と言って席に戻った。その時マルコ・ハンはセジュを刃物で刺し、セジュは負傷して逃げ始めた。

その時、カフェ「アルカサバ」で時空間の変化が起き始めた。死の危機に直面した瞬間、セジュはゲームのアイテムである銃を撃つと、マルコ・ハンが負傷したのだった。

ゲームが現実になった理由は、エンマ(パク・シネ)にあった。事件を目撃したエンマを中心にゲームと現実が混在し始めた。

 

WOW!korea提供

  • <トレンドブログ>「アルハンブラ宮殿の思い出」、ミステリーを解く“鍵”はいったい誰?
  • 「アルハンブラ宮殿の思い出」ヒョンビン、パク・シネ、チャニョル、最終KEYは誰か
  • 「コラム」『アルハンブラ宮殿の思い出』を見るとヒョンビンの絶頂期がわかる!
  • <トレンドブログ>「アルハンブラ宮殿の思い出」無削除台本集を出版!