「コラム」『アルハンブラ宮殿の思い出』を見るとヒョンビンの絶頂期がわかる!

2019.01.11

自分の内面を探せる時間
ヒョンビンには、街中で自由に行動ができない、という人気スターの宿命がある。そのことで寂しい思いをすることはあるだろうが、彼はその「不自由さ」の中で自分なりの生き方を模索してきた。
そんなヒョンビンは、自ら志願して2011年3月に海兵隊に入隊した。
このことは、ファンを大いに驚かせた。なぜなら、海兵隊は軍隊の中で一番訓練が厳しいことで有名だからだ。

いくら兵役だったとはいえ、ヒョンビンが自ら過酷な環境に進んだことは意外だった。しかし、ヒョンビンにしてみれば、意外でもなんでもなかった。
「自分の内面を探せる時間は貴重だと思います」
ヒョンビンは海兵隊に入ってこう語っている。
新しい自分を見つけるために、彼はあえて厳しい状況に自分を放り出そうとしたのだ。勇気がある俳優なのだ。
除隊して芸能界に復帰したヒョンビンは、2014年に『王の涙-イ・サンの決断-』に主演した。
この映画でヒョンビンは逞しい国王像を作り上げた。何よりも、弓を引くときの背中の筋骨隆々ぶりがまぶしかった。
(ページ3に続く)

韓流スターが自ら代表作を熱く語る3(ヒョンビン編)

ヒョンビンが兵役入りする後輩たちに贈る金言

ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(前編)

ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(中編)

方神起ユンホとヒョンビンが双璧!兵役で株を上げたスター