「取材レポ」ソン・シギョン、感動バラードから“いいねダンス”の「U.S.A」まで…ファンサービス満点の3時間超え年末コンサートでファンを魅了!

2019.01.08

ことしは日本でも精力的に活動を展開してきた“バラードの皇帝”ソン・シギョンが、日本2ndアルバム「君がいるよ」(11月21日発売)を引っさげ、12月28日(土)神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールにて、年末コンサート「ソン・シギョンJAPAN CONCERT 2018“君がいるよ”」を開催。

今回も、聴く人の心を震わせる歌声で感動を、そして飾らない楽しいトークで笑いを届けながら、アルバム収録曲を中心に、自身のヒット曲、カバー曲までアンコール含む全24曲を3時間超えのパフォーマンスで魅せた。

オープニング映像後、生バンドの演奏で、ステージ中央からワインレッドのスーツに身を包み、登場したソン・シギョン。優しく澄んだ歌声で会場を包み込むように、韓国デビュー曲「僕に来る道」で幕を開けた。

「こんばんは。いよいよ始まりました。皆さん、お越しいただき、ありがとうございます。ソン・シギョンと申します。よろしくお願いします」とあいさつし、さらに流暢になった日本語でファンとコミュニケーションを図っていく。

ところが、いきなり「悲しいお知らせがあります」とソン・シギョン。この1カ月、禁酒しながらお坊さんのような生活をしてきたのに、きのう風邪を引いてしまったのだという。「“そんなに痩せたの”とか褒められたかったんですよ。だから、好きなお酒も控えめにして。あ、控えめじゃなくて、2回ぐらい飲んだかな(笑)。ま、その2回を除外すると、1滴も口にしていない。すごいことですよ、僕には。完ぺきにしたかったのに…。だから、風邪を引いてしまって、悔しくて。ですけどね、最後まで本当に頑張りますので」と力を込め、会場を埋め尽くしたファンを見渡し、「きょう素晴らしい一日になりますように頑張ります」と意気込んだ。

 

1部はソン・シギョンの想いのこもったバラードナンバーがズラリ。「鼓動は届く」、ドラマ「シークレット・ガーデン」のOST「君は僕の春だ」に続き、「ならいいのに」ではソン・シギョンが客席にマイクを向け、ファンと一緒に歌うなど温かい雰囲気に包まれた。

(2ページに続く)

  • ソン・シギョン 12 月に新アルバム「君がいるよ」を提げてコンサート開催決定!
  • 「イベントレポ」「バラードの皇帝」の異名を持つ韓国のトップアーティスト ソン・シギョン (SUNG SI KYUNG)。 日本初シングルを引っ提げて、ファンミーティング開催! 甘い歌声で満員のファンを魅了!
  • ミュージック・ジャパンTV ソン・シギョン 音楽にかける想いに迫る New Albumに年末コンサート…活動への想いを語り、そして食す! 大好評「ソン・シギョン スペシャル」 シリーズ一挙放送も決定!!
  • 韓国のトップアーティスト、“バラードの皇帝”ソン・シギョン ニューアルバム発売!先行イベントも続々決定!