「防弾少年団」のコンサート映像がロシア一部地域で上映中止に…イスラム教グループによる抗議受け

2019.01.07

韓国アイドルグループ「防弾少年団」(BTS)のコンサート映像がロシア南部で上映中止に追い込まれている。

現地メディアによると、今月26日よりロシア各地の映画館で上映される予定だったが、南部のダゲスタンとチェチェンでは既に上映が中止されることが決定した。

映像は「防弾少年団」が2018年に世界各国で開いたツアーコンサート「Love Yourself」のソウル公演の模様を収録した作品だ。

発端はダゲスタンのイスラム教グループ「道徳の保護者」による抗議だった。ダゲスタンの映画館が12月20日にチケットの販売を開始したものの、「防弾少年団」メンバーの容姿が「男らしくない」として不満を表明し、上映中止を訴えた。「防弾少年団」を同性愛者と決定付けた上での賛同も多く、それを受けて映画館側も中止を決定。その後、チェチェンのイスラム教グループも中止を訴え始めていた。

(2ページに続く)

・防弾少年団「LOVE YOURSELF」のソウル公演、インタパークコンサート販売分野1位

・防弾少年団ジミン&V、クオズカップル最強の胸キュンショット公開

・「防弾少年団」から「IZ*ONE」まで…専門家25人が選定した今年期待のK-POPアイドルTOP4

・防弾少年団、2年連続「大賞」でいっそう期待される2019年…“防弾少年団という名前が誇らしい”