「コラム」白骨部隊(第3師団)はどんな部隊なのか?/2018アクセス順位2位

2018.12.26

韓流スターが兵役によって入隊したときには、「どの師団に配属されるか」を知ることがとても重要だ。なぜなら、所属する師団によって、駐屯する地域と軍務が大きく変わってくるからである(2018年のアクセス順位で2位になった記事を再掲載しています)。

 

白骨になるまで戦い抜く
韓国の陸軍には約40個の師団がある。
それぞれの師団が1万人前後の兵員を抱えており、師団長は通常なら少将が担うことになっている。
各師団にはそれぞれの任務があるが、江原道(カンウォンド)の鉄原(チョロン)で重要な役割を果たしているのが第3師団だ。

この第3師団は「白骨部隊」と呼ばれる。白骨になるまで戦い抜く魂を持った部隊というのが伝統だ。
それほど勇猛な部隊であり、シンボルマークも不気味な頭蓋骨だ。
白骨部隊が韓国陸軍の中でも最強の1つと言われているのは、任務が特別だからだ。わかりやすく言えば、北朝鮮が攻めてきたときに第一の防波堤になるのだ。

それゆえ、兵士たちは「捜索・偵察」の訓練をみっちり行なう。これは、軍事境界線を越境してくる北朝鮮の兵士を見つけ出す訓練だ。
(ページ2に続く)

白骨部隊の新兵教育隊ではどんな訓練をするのか

白骨部隊の新兵教育隊ではどんな毎日を過ごすのか

白骨部隊・青星部隊・勝利部隊・イギジャ部隊の共通点は?

白骨部隊・青星部隊・イギジャ部隊の新兵訓練は何をする?(前編)

白骨部隊(第3師団)がある鉄原(チョロン)はどんな所なのか