「コラム」BTS(防弾少年団)が世界8位!ビルボードが高く評価する理由とは?

2018.12.06


アメリカのビルボードは2018年のトップアーティスト部門を発表したが、BTS(防弾少年団)がランキングで8位になった。この快挙は韓国でも大きな話題になっているが、世界で認められるBTSの評価を改めて考えてみよう。

世界でBTS旋風が吹き荒れた
トップアーティスト部門のランキングは、販売量、ラジオでの放送回数、ストリーミングの回数などを総合的に集計して決定される。
このトップアーティスト部門で8位になったBTS。このランキングの高さは、アジアのグループとして本当にすばらしい。
それだけではない。
ワールドアルバムアーティスト部門で1位、ソーシャル50アーティスト部門で1位、トップアーティスト・デュオグループ部門で2位になっている。
しかも、2018年にはビルボードのメインアルバムチャートとなる「ビルボード200」で2作品連続して1位になった。
まさに、2018年には世界でBTS旋風が吹き荒れたと言えるだろう。
なぜ、彼らは世界でこれほど受けたのか。

世界の音楽業界で絶大な影響力を持つのがビルボードだが、そのビルボードでBTSはきわめて高い評価を得ている。
そのビルボードの副社長のシルビオ・ピエトロルオンゴ氏はかつて様々にBTSについて言及していた。
(ページ2に続く)

 

BTS(防弾少年団)の『Burn the Stage : the Movie』を見てこう思った!

防弾少年団(BTS)が受章した文化勲章の花冠とは何か

「防弾少年団(BTS)に兵役免除を!」という論議が深まるか

防弾少年団(BTS)の快挙!全米1位はどれだけ凄いのか

防弾少年団が世界で人気を博す5つの理由