「イベントレポ」イ・ビョンホン主演!この冬一番の感動作『それだけが、僕の世界』 小沢一敬さん(スピードワゴン)トークイベント「この映画を観ると家族に会いたくなる」と大感動!さらにOZAWA的今年1年の漢字を「歩」と発表 

2018.12.05

韓国を代表する人気俳優イ・ビョンホン&注目の新鋭パク・ジョンミン共演で兄弟の絆を描き出す感動作『それだけが、僕の世界』(12月28日よりTOHO シネマズ シャンテほか全国公開)のトークイベントが5日、東京・なかのZERO小ホールで行われ、お笑いコンビ・スピードワゴンの小沢一敬が参加した。

ロマンチックな感性を持ち、感動屋でもあることから“SEKAI NO OZAWA”との異名を持つ小沢は、本作に大感動。「この映画を観ると家族に会いたくなる。僕にも弟がいてずっと会っていないけれど、子供の頃から遊んできた仲なので、自分にもこんな兄弟関係があったよなぁと懐かしく思った」と冒頭から遠い目。劇中、兄弟が警察に連行され、ボタンの掛け違いから母親にイ・ビョンホン演じる兄が責められるシーンは「母親からの叱責を我慢する姿…あの日の自分を見ているようだった」とOZAWAゾーンに突入していた。

そんな小沢は涙もろいことで知られるが、それを問われると「僕は泣いたことはないんです」と意外なことにきっぱりと否定。すかさず「涙が出ているのではなく、世の中に汚いことが多いので、少しでも綺麗に見えるように目を洗っているだけ。この映画で目も心も洗われた」とあま~いOZAWA語録で会場を盛り上げた。さらに「映画は一人で観る派だけれど、この映画は母親と観たいと思えた」と孝行息子ぶりを覗かせ「でも親孝行をしたいと思ってしたら、それはもう親孝行じゃない。それは自分を喜ばすだけの行為だから」と再びのOZAWA語録で「今の小沢が言いました!こういうことを言って僕は家賃を払っています」と饒舌だった。

(2ページへつづく)

  • 「PHOTO@ソウル」SUPER JUNIORドンヘ、少女時代スヨンら、「キャデラックハウスソウル」オープニングイベント出席
  • 「PHOTO@ソウル」俳優イ・ビョンホン、パク・ヘインら登場!「2018 APAN Star Awards(アジア太平洋スターアワード)」レッドカーペットイベント開催
  • イ・ビョンホン主演『それだけが、僕の世界』初日決定&ポスター解禁
  • イ・ビョンホン主演『それだけが、僕の世界』日本版予告編解禁!