「インタビユー」「病院船~ずっと君のそばに~」 ハ・ジウォン オフィシャルインタビュー

2018.12.05

Q.ジウォンさんは血が苦手だそうですが、どのように克服して撮影に臨んだのですか?
ハ・ジウォン:私は血が苦手なんですが、ソン・ウンジェという人物を絶対に演じたいと思ったので、手術シーンに慣れようと、アメリカや日本のドラマやドキュメンタリー番組をたくさん見ました。それによって医師が使う用語や、患者に接する心情、日常の姿を知ることができました。また実際に医師の方々に会って話も伺いました。その他に、手術シーンを撮影する時に驚いた目つきをしないよう、解剖学の本を買って臓器の絵を写したりもしました。手術に慣れた人の目つきを身に着けたくて、手術の動画を見るなどして常に勉強をしていました。血を見るのも苦手だった私が、こんなに楽しく医師役を演じられるとは想像もしませんでした。また医療ドラマに出る機会があれば、ぜひ出演したいです。手術シーンが恋しいです。

Q.マスクをしながら表情の演技を見せるのは大変だったのでは?
ハ・ジウォン:そうですね。顔の大部分を覆った状態で、果たして目だけで演技ができるのかと正直心配でした。だから手術シーンを初めて撮る日はすごく緊張しましたし、とても悩んだので忘れられません。撮影の時は、目から思いが伝わるようにと、心の中でセリフを言い続けていました。アイメークをしない状態で撮影に臨んだおかげで、目の演技がストレートに伝わったように思います。何よりも視聴者の皆さんが好意的に見てくださったので感謝しています。

Q.カン・ミンヒョク(CNBLUE)さんとの共演の感想と、最も印象的だった共演シーンを教えてください。
ハ・ジウォン:ミンヒョクさんとは息が合っていたと思います。彼はヒョンのイメージにピッタリだったので、私も相手役として演じやすかったです。撮影が進むにつれて、お互いにより通じ合うようになりました。ドラマの終盤で、私がミンヒョクさんの胸の中で泣くシーンがあったのですが、彼は顔が映らないにもかかわらず、私と一緒になって泣いてくれたんです。本当にヒョンになりきって、私の演技に応えてくれていたんだと思います。

 

Q.ミンヒョクさんの意外な魅力は? 自撮りがうまかったり?
ハ・ジウォン:ご本人いわく、自撮りは下手らしいです。でも私も自撮りが苦手なので、上手い下手の判断がつきませんでした。ミンヒョクさんは感情豊かな人だと思いますね。顔立ちは子犬のようにかわいらしいですが、現場ではタフな姿を見せていました。気配りができるという点も魅力的です。

Q.ウンジェを巡る三角関係がありましたが、彼女に似合う相手はどんな人だと思いますか?
ハ・ジウォン:個人的には2人とも魅力的な男性だと思います。ウンジェにはドキドキする恋よりも、相手に寄りかかるような恋が似合うと思うので、脚本家の先生もヒョンを選んだのではないでしょうか。

(4ページに続く)