ラッパーSan Eの公演中”暴言騒動”、事務所側が公式謝罪 「責任を痛感」

2018.12.04

ラッパーSan Eの公演中”暴言騒動”、事務所側が公式謝罪 「責任を痛感」

韓国人ラッパーのSan Eが女性軽視発言で物議を醸している中、所属事務所が公式謝罪した。

所属事務所Brand New Musicは4日午後、公式SNSを通して、公演中に発生したSan Eの暴言騒動について「当社は、コンサート中に起きた事案と関連した全ての騒動について責任を痛感し、観客の皆さまとアーティストを含め、今回の出来事を不快に感じられた全ての方々へ心より謝罪申し上げます」と陳謝した。

これを前にSan Eは去る2日午後、ソウル・オリンピック公園SKオリンピックハンドボール競技場で開かれた公演えステージに上がった。ステージに立ったSan Eは先ごろ新曲「フェミニスト」をリリースするなど、”女性嫌悪”で物議を醸したことに言及し「皆さんは僕が嫌いか」と投げかけ、「はい」と答えた観客へ「僕は皆さんが好きだ。嫌悪の代わりに愛で共にしよう。僕の意見に同意してくれる人は声をあげて!」と叫んだ。しかし、観客席は”沈黙”が続いた。

(2ページに続く)

・ラッパーSan E、「フェミニストNO」などスラング叫び公演が一時中断

・【トピック】ラッパーSan E、事務所後輩「Wanna One」イ・デフィ&パク・ウジンのファンを一喝!?

・San E、ファンに中指を立てた?批判を釈明「ステージで謝罪をしている時に…」

・San E、ラッパーから俳優への勇敢な挑戦「音楽とは完全に違う世界を経験した」