ラッパーSan E、「フェミニストNO」などスラング叫び公演が一時中断

2018.12.03

韓国人ラッパーのSan Eが、再び女性軽視発言で物議を醸している。

San Eは去る2日午後、ソウル市内で開かれた所属事務所Brand New Musicの年末コンサートに出演した。

この日、ステージに立ったSan Eは先ごろ新曲「フェミニスト」をリリースするなど、”女性嫌悪”で物議を醸したことに言及し「皆さんは僕が嫌いか」と投げかけ、「はい」と答えた観客へ「僕は皆さんが好きだ。嫌悪の代わりに愛で共にしよう。僕の意見に同意してくれる人は声をあげて!」と叫んだ。しかし、観客席は”沈黙”が続いた。

(2ページに続く)

・【トピック】ラッパーSan E、事務所後輩「Wanna One」イ・デフィ&パク・ウジンのファンを一喝!?

・San E、ファンに中指を立てた?批判を釈明「ステージで謝罪をしている時に…」

・San E、ラッパーから俳優への勇敢な挑戦「音楽とは完全に違う世界を経験した」

・“パフォーマンスクイーン”ヒョヨン(少女時代)、来月1日ソロ曲発表へ…San Eとコラボ