俳優チョン・イル「大韓民国の男性としての義務を果たしただけのこと」

2018.12.02

俳優チョン・イル「大韓民国の男性としての義務を果たしただけのこと」

俳優チョン・イルが召集解除の感想を明らかにした。

チョン・イルは2日、自身のSNSに「ついに国防の義務を終えた。 皆さんの暖かいお祝いメッセージにとても感謝している。 しかし、一方でこれがお祝いを受けることなのかは分からない。 私は大韓民国の男性として義務を果たしただけだから。」と、軍の代替服務を終えた感想を伝えた。

さらに、「復帰作『獬豸(カイチ)』を一所懸命やるつもりだ。 皆さんの愛のおかげだ。 感謝する。」と今後の計画を伝えた。

チョン・イルは過去、交通事故の後遺症で代替服務の判定を受け、2016年12月に社会服務要員として入隊した後、2017年1月からソウル区立瑞草老人療養センターで高齢者たちの食事と教育・医療活動を手伝った。 そして、今年11月30日に召集解除した。

軍による代替服務を終えた彼は、来年2月に放送予定であるSBSドラマ「獬豸(カイチ)」で復帰する予定だ。

 

WOW!korea提供

  • 俳優チョン・イル、療養センターでの代替服務を終え除隊「2年間、人間チョン・イルとして過ごした」
  • 「PHOTO@ソウル」俳優チョン・イル、ファンに除隊の挨拶
  • 俳優チョン・イル、フュージョン時代劇で帰ってくる
  • <トレンドブログ>俳優チョン・イル、“ロコキング”の威厳を見せ、「高品格の片思い」を終演