「国境のない屋台」女優シン・セギョン、隠しカメラ事件を言及「加害者、絶対に善処しない」

「国境のない屋台」女優シン・セギョン、隠しカメラ事件を言及「加害者、絶対に善処しない」

「国境のない屋台」出演の女優シン・セギョンが、隠しカメラ事件について言及した。

19日午後、ソウル市永登浦区(ヨンドゥンポグ)TIMES SQUAREでOliveの新バラエティ「国境のない屋台」の制作発表会が開かれた。

この日、パク・ギョンドクプロデューサーは制作発表会に先立ち「メディア報道を通じて伝えられたが、番組が海外撮影の最終段階に残念で良くない事件があった。もう一度、ご迷惑をおかけしたことをお詫びしたい」と謝罪の言葉を述べた。

パクプロデューサーは「何より現場で驚き、困惑した出演者のみなさんにもう一度、お詫びしたい。現場撮影の最終段階に起きた出来事で、それに対する合法的な措置がとられている。出演者とスタッフが心を1つにし、良いコンテンツでお返しするのが道理だと思うので努力している」と述べた。

(2ページに続く)

2018.11.19

blank