TSエンタ、ヒョソン(Secret)の専属契約訴訟判決と関連し「控訴予定」と発表

2018.11.16

TSエンタ、ヒョソン(Secret)の専属契約訴訟判決と関連し「控訴予定」と発表

TSエンターテインメント側がガールズグループ「Secret」チョン・ヒョソン(29)の専属契約と関連し、控訴を提起する予定だと明らかにした。

TSエンターテインメント側は16日、報道資料を通じて、去る14日に行われたチョン・ヒョソンとの専属契約効力不存在確認判決に関して立場を伝えた。

TS側は「去る14日に行われたチョン・ヒョソンとの専属契約効力不存在確認訴訟一審で、専属契約無効判決を受けたことは事実だが、当社は精算やマネジメント権限の不当譲渡の専属契約を違反したことがないとの判決を受けたため、法律代理人として当然、控訴を提起する予定だ」と伝えた。

続けてヒョソンの法的主張に対して1つずつ反論し「裁判所の判決に照らし合わせてみると、むしろ当社は精算の透明性と精算金支給義務の履行に問題がなく、マネジメント義務の誠実な履行にもいかなる問題がないとわかる」と説明した。

(2ページに続く)

  • Secret ヒョソン、本日専属契約効力停止をめぐる訴訟の2回目の弁論期日
  • Secret出身ヒョソン、TSエンターテインメントを相手取った専属契約の効力不存在訴訟で勝訴…新事務所がコメント
  • 「Secret」ヒョソン、TSエンタに契約効力不存在確認訴訟「3年近く“精算金”を受け取っていない」
  • 【全文】TSエンタ側、ヒョソン(Secret)の新事務所専属契約報道に「二重契約…法的責任を問う」