「インタビュー」「魔女の法廷」リリース記念!チョン・リョウォン、オフィシャルインタビューが到着!

2018.10.11

Licensed by KBS Media Ltd. (c)2017 KBS. All rights reserved

Q.出演オファーを受けたときの感想は?
チョン・リョウォン:オファーをいただいた時、心が重くなりましたが…でも現代社会の死角で性犯罪は起きています。だからこのような犯罪を扱うドラマを作られる日がようやく訪れたのだと思い、強い責任感を持って作品に臨みました。なので、多くの共感が得られて幸いでした。

Q.役作りにあたり、実際の検事の仕事などを見学されたりはしましたか?
チョン・リョウォン:見学はできませんでしたが、脚本家の先生が執筆のために3年ほど情報収集をし、多くの被害者と検事を取材されたので、脚本家の先生から話を伺いました。リサーチした膨大な情報をベースにして綿密な台本が出来上がっていましたので、台本に描かれた情報だけで十分な役作りが出来ました。マ・イドゥムは非常に個性的な人物なんです。自己主張は強いけど、決して憎まれないキャラクターにしようと努力しました。マ・イドゥムと性格が近い友人と読み合わせしながら、友達にもアドバイスをもらい、キャラクターを誕生させました。

Q.実際の性格と似ているところは?
チョン・リョウォン:当初は自分とは全く似てないキャラクターだと思っていましたが、撮影を始めたらスムーズに演じられたので50%くらいは似ているのかな…と。まるっきり同じではないけれど自分とマ・イドゥムは5対5の割合で似ているのではないかと思います。

Q.演じたことでキャラクターに似てきましたか?
チョン・リョウォン:いいえ、やはり半々ですね。マ・イドゥムは私がなりたい女性像です。言いたいことを言い、人の顔色を見ないし、頭の回転も速い。理性的で冷徹な人物。それに比べて私は感情で動くタイプなんです。敏感だけど頭の回転は速いというわけではないので。マ・イドゥムのようになりたいと思っています。似てない50%は努力目標に取っておきます。

Q.演じ終えて変わったことは?
チョン・リョウォン:友達からは話し声が大きくなったと言われました。また好き嫌いもはっきり言えるようになったと思います。以前の私は好きな物に対しては顔に出るくらい分かりやすく反応していましたが、嫌いな物に関して口に出すことはしませんでした。ただ最近は以前と違って嫌なものは「嫌だ」と言えるようになってきて…少しは変わってきたのかと思います。

Q.ヨ・ジヌクを演じたユン・ヒョンミンさんとの初共演はいかがでしたか?
チョン・リョウォン:ヒョンミンさんは女優が夢見る最高の相手役です。お互いリスペクトしながらも、女性検事にリードされる役なので彼としては物足りなさや不満を感じてもおかしくないのに、ヒョンミンさんは「自分の役割を果たすことが一番カッコよく感じる」と言ってくださり、感動しました。礼儀正しく、腹を立てることもなく、本当に楽に演じられました。演じる上でやりづらいところは1つもなかったです。

(2ページに続く)

 

「魔女の法廷」DVD-SET1好評発売&レンタル中、DVD-SET2 10月2日発売!チョン・リョウォンのキュートな魅力が爆発!DVD-SET2特典映像動画一部公開!!

・<トレンドブログ>女優チョン・リョウォン、「私は一人で暮らす」に出演決定!私生活に視線集中!

・チョン・リョウォン、MBCバラエティ「私は一人で暮らす」出演へ

・“ライジングスター”ユン・ヒョンミン× “ラブコメ・プリンセス”チョン・リョウォン主演「魔女の法廷」DVD 4日(火)より好評発売&レンタル中DVD-SET1の特典