「インタビュー」「ロボットじゃない~君に夢中!~」キム・ミンギュ役ユ・スンホ オフィシャルインタビュー

2018.10.03

NBCユニバーサル・エンターテイメントでは、“若手No.1スター”ユ・スンホの待望のラブコメ初主演作「ロボットじゃない~君に夢中!~」のDVDを好評リリース中!
DVDリリースを記念して、ユ・スンホのオフィシャルインタビューが到着!

Q.初めて台本を読んだときの感想は?
このドラマはラブコメというジャンルですが最初はそのことをあまり考慮しませんでした。いつか挑戦するにしても今ではないと思っていました。でもロボットというユニークな題材に惹かれました。ロボットを扱うこと自体が非現実的ではありますが実際にはロボットを演じるヒロインと繰り広げる恋物語なので説得力があると思いました。面白いことが起きるのは台本を最後まで読まなくても想像できたんです。それからミンギュという人物は人間アレルギーのせいで外部との接触を断ち独りぼっちです。そんなミンギュが恋愛を経験しながらだんだん変わっていくんです。そういう展開なのでラブコメを難しく感じていた僕でも無理なく演じられると思い出演を決めました。

Q.演じたキム・ミンギュ役について教えてください
ミンギュは基本的に優しい心の持ち主で内気なところもあります。子供の時周りの人にひどく傷つけられて人を遠ざけます。そのまま15年が過ぎて人付き合いができず"世間知らずで無邪気な面もあります。そして人から受けた傷が人によって癒やされます。愛の力で成長していくキャラクターです。

Q.ラブコメというジャンルに挑戦した感想は?
すごく緊張しました。今までのドラマでも恋模様は描かれていましたが本格的な恋愛ものは初めてでしたからこのドラマは全16話ですが、もし第1話から恋愛模様が描かれていたら戸惑ったし負担を感じたでしょう。でもミンギュは人を遠ざけて独りで過ごすキャラでした。彼が感じる気持ちやそこに至る過程を物語の進行と同時に僕も体験するので彼を理解するようになりました。それで後半になる頃にはこのドラマが日常のようになじんできました。ミンギュがつらい時は僕の気持ちもすさんできて…。新鮮な経験でした。

 

Q.チョン・デユン監督と仕事をした感想は?
僕としてはもしチャンスがあってお呼びがかかればまたご一緒したいです。まず役者の意見を尊重してもらえたのが よかったです。それに ささいなシーンでも適当に撮ることなくベストを尽くして演出されるんです。何より監督と僕はドラマの方向性と人物像に関して考えが同じでした。そのおかげで気負わずに演じられたし、いい効果を生み出せたと思います。またご一緒したいです。

Q.ミンギュの役作りにおいて監督から特別な注文はありましたか?"
特にありませんでした。自然に変化していくミンギュの姿を僕も感じながら演じました。

Q.アレルギーのシーンは特殊メイク?CG?
特殊メイクをしてもらってさらにCGで加工しました。人間アレルギーは実在しない病気なので"発症したら どうなるかは創作するしかありません。だから あの症状は想像して形にしたものです。人間アレルギーを表現するためには肌の症状が分かりやすいのでよかったと思います。

(2ページに続く)

  • 放送後、話題騒然!「ロボットじゃない~君に夢中!~」ユ・スンホの情熱的なキスシーンの裏側を公開!
  • ユ・スンホの情熱的な濃厚キスシーンにキュン死必至!「ロボットじゃない~君に夢中!~」萌キュンシーン満載のスペシャルPV公開!
  • 「ロボットじゃない~君に夢中!~」甘えるユ・スンホの可愛さMAX!照れながらのイチャイチャシーンのメイキングを公開!
  • 「ロボットじゃない~君に夢中!~」 DVD好評リリース中! 撮影の合間もまるでカップル!? ユ・スンホ&チェ・スビンの仲良しオフショットを公開!