「イベントレポ」イ・ジョンシン(from CNBLUE)、入隊前最後のファンミでCNBLUE愛爆発!「人生最大のラッキーはCNBLUEになったこと。2020年に会いましょう!」

韓国出身の4ピースロックバンド、CNBLUEのベーシスト、イ・ジョンシンが、7月15日、東京・東京国際フォーラム ホールCで昼夜2回の『イ・ジョンシン(from CNBLUE) Solo Fanmeeting 2018 in Japan ~Bon voyage!~』を開催した。ここでは、7月15日の夜回をレポートするが、タイトルになっているフランス語の「Bon voyage!」は、これから旅立つ人に向けて言う「良い旅を!」という言葉。7月31日に現役入隊を表明している彼にとっては、このファンミーティングが旅立ちの前の日本での最後の活動になるので、まさにピッタリのタイトルだ。

開演前から会場に流れるCNBLUEの新曲「Don’t Say Good Bye」(8月29日発売)のリズムに合わせて手拍子で盛り上がる中、客電が落ちるとアコースティックギターの爽やかな音色とともにジョンシンが登場し、歌い始めたのは、彼自身が作詞・作曲に参加した、CNBLUEの「Manito」。スタンディングで迎えたファンに笑顔で手をふりながら「ありがとう! 一緒に歌ってください」と呼びかけると、たちまち会場は一体感に包まれる。アウトロでくるりと大きく一回転すると、「今日のファンミーティングでは、幸せな時間を作りたいです」と挨拶。「(「Manito」は)皆さんの方が、僕よりたくさん聴いた曲ですよね。今日、この曲を歌うのは2回目だけど、まだドキドキする」と、少し緊張しているようだ。それもそのはず。CNBLUEではコーラスパートはあるものの、ソロでボーカルをとるのはファンミーティングのときくらい。照れくささが伝わる。



スツールに腰かけると、さきほどまでの暖かな雰囲気から一転して、厳かなムードの中始まったバラード曲は、X JAPANの「Tears」をM.C the Maxが韓国語でリメイクした「See You Later」。目を閉じて気持ちを込めて歌うジョンシンの声をじっと聞き入るファンは、手を振ることさえも忘れて、その歌声に集中している。サビの高音も見事に歌いこなし、ホッとした表情を見せると「この曲の韓国語のタイトルは<少しだけ、さよなら>。韓国語の歌詞が、僕の気持ちと似ていたのでこの曲を選びました。昔から好きな曲で、たまにカラオケでも歌ってたんだけど、まさか、この曲を皆さんの前で歌うなんて思ってもいなかった(笑)。今日のためにアレンジも新しくしてみました」と、曲に込めた気持ちを語った。
(2ページにつづく)

 

  • CNBLUE 最新曲「Don’t Say Good Bye」MVが解禁!
  • CNBLUE初のジャパン・ベストアルバム 全曲ダイジェスト映像をVo.ヨンファ誕生日に公開! 新曲「Don’t Say Good Bye」音源も初解禁!
  • ジョン・ヨンファ、イ・ジョンシン、カン・ミンヒョク、CNBLUEの軍入隊リレー…イ・ジョンヒョンだけが残った
  • 「イベントレポ」イ・ジョンヒョン(from CNBLUE)、入隊前ラストライブ 笑顔のWアンコールで「どんなに離れていても、いつでも愛してる」の大合唱
  • 2018.07.20

    blank