「コラム」チャン・グンソクはどんな新兵訓練を受けるのか

 

遊撃訓練と行軍
新兵訓練で特に重要なのは、正確な銃の撃ち方だ。
25メートル先のマトに正確に当てるための訓練を行なう。そして、山野を動いて地面に這いつくばり銃を撃つという遊撃訓練を何度も行なう。
さらに、テントを張って宿泊する野営訓練がある。
最後になると重い装備を背負って長い距離(たとえば20キロ)を早足で歩く行軍を行なう。この行軍が無事に終わると、一応、新兵訓練は終了だ。

最終日は修了式。厳しい訓練が終わったあとには充実した気持ちになる。
それが終わると宿舎を整理・清掃して、訓練所をあとにする。
以上が新兵訓練の概要だ。
チャン・グンソクは兵役で4級の「補充役」になっている。この補充役というのは、戦時になればすぐに軍に入らなければならない。それだけに、あらかじめ基本的な軍事技術を身につけておかなければならないのだ。
そういう意味で、社会服務要員といっても新兵訓練が欠かせないのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

コラム提供:ロコレ
http://syukakusha.com/

 

チャン・グンソクの兵役4級判定を検証する!

兵役に入るチャン・グンソク!社会服務要員としての今後の予定は?

チャン・グンソクは社会服務要員としてどんな日々を送るのか

https://goo.gl/6g67ys

チャン・グンソクがなる社会服務要員の役割とは何か

https://goo.gl/zD6Z3d

韓流スターの兵役直前!ファンもこれだけは知っておこう

2018.07.08

blank