「コラム」チャン・グンソクはどんな新兵訓練を受けるのか

写真=韓国陸軍公式サイトより

 

チャン・グンソクのように社会服務要員として兵役を履行する場合でも、新兵訓練だけは受けなければならない。期間は4週間。現役兵として入隊した場合に比べて1週間短い。しかし、4週間の新兵訓練は、とても中身の濃いものとなっている。

 

新兵訓練の準備段階
訓練所に入所した午後に入所式が行なわれ、それが終わると、いよいよ新兵訓練の準備に移っていく。
訓練兵たちは正式に訓練所で登録作業を行ない、以後は、自己診断報告書を作成し、身体検査・健康診断・知能検査などを受ける。
その後に、軍服を支給される。自分の体格に合った軍服を着た訓練兵たちは、配属された連隊に出向き、ここで小銃を割り当てられて新兵としてスタートを切る。

まずは、制式訓練だ。これは、敬礼や制式(立ち方や行進の仕方など)の立ち居振る舞いを徹底的に仕込まれる。
同時に、軍隊式の体操を習ったり、軍歌を覚えたりする。軍歌は、体力鍛練のためのランニング中にみんなで気合を入れて軍歌を歌うので、新兵はかならず軍歌を覚えなければならない。(ページ2に続く)

2018.07.08

blank