俳優チョ・ジェヒョン側が性的暴行を全否定、被害主張の在日女優を告訴へ

2018.06.22

俳優チョ・ジェヒョン側が性的暴行を全否定、被害主張の在日女優を告訴へ

韓国俳優チョ・ジェヒョン(52)が、自身から性的暴行を受けたと主張した在日の女優を相手に、法的対応に出た。

チョ・ジェヒョンの法律代理人は22日、ソウル中央地裁へ在日女優Aさんを常習恐喝と恐喝未遂の容疑で告訴したと明らかにした。

これを前に、韓国メディアはAさんが16年前、チョ・ジェヒョンからドラマ撮影現場の工事中トイレで、性的暴行を受けたと主張した内容を報じた。

ことし2月、性的暴行を告発する「Me Too」を通して何度か加害者として浮上していたチョ・ジェヒョンは、自粛の意味で芸能活動を中断しており、現在は地方に滞在していると伝えられている。

しかし、チョ・ジェヒョンは今回浮上した性的暴行報道に関して、即時に反発。告訴状を準備し、公式立場としてAさんの主張は「事実無根である」と強調した。

WOW!korea提供

 

  • 俳優チョ・ジェヒョンの性的暴行を主張で注目の女優への2次被害憂慮
  • 【公式】俳優チョ・ジェヒョン側、性的暴行されたとして3憶ウォン脅迫の女優を告訴
  • 【公式】俳優チョ・ジェヒョン側、息子の”軍特恵疑惑”を否定
  • 「クロス」コ・ギョンピョ、チョン・ソミンに“チョ・ジェヒョンを信じて”