キム・スヒョン、リュ・ジュンヨル、イ・ジェフンも、あの時はそうだった!

キム・スヒョン、イ・ジェフン、リュ・ジュンヨル、パク・ボゴムなどのスターには、輝くような短編映画があった。ひとつの通過儀礼のようなスターの過去を飾った、小さいがキラキラと輝くような短編映画。少し未熟だが、いっそう爽やかなスターたちの魅力を確認できる短編映画を探ってみた。

●キム・スヒョン、「最悪の友人」(2009年)

21世紀のソウル都心で友達を失うまでの回顧を描いた「最悪の友人」で、キム・スヒョンは留学して4年ぶりに再び韓国に戻ってきた主人公チュンギ役を引き受けた。顔を覆うようなぼさぼさの髪も、少しぎこちない演技も、初々しくて微笑を誘う。

「家に帰るのも嫌で、軍隊に行くのも嫌で、アメリカに行くのも嫌だ。僕は、どこにいても間違って来たようで何か居心地が悪い。町がとても居心地が悪い。みなが何かを被っているようだ」とぶつぶつ言うチュンギになったキム・スヒョンを抱いた「最悪の友人」は、成長映画の定番だと言われる。「第8回ミジャンセン短編映画祭」の悲情城市部門の最優秀作品賞に輝く秀作だ。

(2ページに続く)

・4月14日キム・スヒョン主演作「リアル」日本公開…“話題のリゾート施設”パラダイスシティでキム・スヒョンに会える?

・韓国の”イケメンお天気お兄さん”ことキム・スヒョンが結婚=挙式の司会は芸人チョン・ソンユン&キム・ミリョ夫妻

・人気俳優キム・スヒョンが一人二役に挑戦した話題の主演作! 『リアル』 鍛えられた肉体も披露!カリスマ感漂う本編映像解禁

・FTISLANDイ・ホンギ、「伝説のボーリング」でキム・スヒョンより点数が低かった理由は?

2018.04.26

blank