「JBJ」、解散コンサートで涙「終わりは新たな始まり」

韓国ボーイズグループ「JBJ」が、7か月間のプロジェクトグループ活動を終える最後のコンサートを開催。メンバーは「終わりは新たな始まり」とグループ解散を控えた気持ちを明かし、涙を見せた。

「JBJ」は21日、ソウル・オリンピック公園内SKハンドボール競技場で「本当に望ましいコンサート―エピローグ」を開催した。

「JBJ」は昨年発表したデビュー曲「Fantasy」でコンサートを幕開け。「Say My Name」、「Pretty」、「My Flower」、「Moonlight」といった3枚のアルバムで公開した歌を披露した。

メンバーはデビュー当時を振り返り「1stアルバムは準備していたら難しいことがたくさんあったが、初めてなので楽しくもあった」とし、「デビューの時はとにかく未熟だったという記憶だけだ。音楽番組ではすごく震えて、メンバーがよく励ましてくれた。時間が経つのは本当に早いと思う」と語った。

(2ページに続く)

・<トレンドブログ>「JBJ」、公式解散を前に最後のアルバムを発表!MV、歌詞が泣ける。

・「JBJ」、きょう(17日)解散前ラストとなる楽曲「Call Your Name」を発表

・<トレンドブログ>「JBJ」日本人メンバー高田健太、グラビア登場!洗練されたスタイル披露

・「JBJ」高田健太、「CeCi」で単独グラビア「ソウルは僕にとって夢のある場所」

2018.04.21

blank