防弾少年団Big Hitエンタ、超大型企画社に急浮上

もうBig Hitエンターテインメントを「中小型企画会社」と呼ぶことができなくなった。防弾少年団が世界中で注目されるスターに生まれ変わるち同時にBig Hitエンターテインメントも「超大型企画会社」に成長した。

Big Hitエンターテインメント(代表パン・シヒョク)は4日、ネットマーブル(Netmarble)から合計2014億ウォン規模の株式投資を誘致した。

これにネットマーブルは、Big Hitの株式25.71%を確保して2大株主になった。今回の投資は、グローバル音楽、ゲーム市場での影響力を高めているBig Hitとネットマーブル、両社間のビジネス上のシナジーを拡大するために行われた。

ネットマーブルのパン・ジュンヒョク議長は、2月の第4回NTP(4th Netmarble Together with Press)で異種文化コンテンツの融合を通じた新たなジャンルの開拓を強調し、防弾少年団の映像と写真集を活用した実写型シネマティックゲーム「 BTS WORLD」を初公開した。

(2ページに続く)

・「公式的立場」防弾少年団所属事務所Big Hitエンタ、Netmarbleから200億円規模の株式投資誘致

・防弾少年団、EXO、NCT、K-POPがアメリカビルボード「ソーシャル50チャート」トップ3を占領

・「防弾少年団」の日本アルバムに全世界が注目! 45か国のiTunesで1位獲得

・BTS (防弾少年団)ニューアルバム「FACE YOURSELF」発売 &4月4日0:00より全世界同時刻配信!

2018.04.04

blank