「速報」10CM(シプセンチ)「まだ心の準備はできてないけど、こんなに来て下さると東京ドーム公演の準備をしないと(笑)」 10CMライブ開催

DSC_8072

2009年、弘大(ホンデ)ライブハウスでアコースティックインディーズデュオとして出発した10CMは、その年の4月に発売したアルバムに収録された「今夜は暗闇が怖いです」を通してインディーズ音楽界の新しいアイコンとして浮上した。その後「アメリカーノ」や「恋は銀河水茶房で」「抱きしめて」と相次いでヒットさせ、アイドル以外では初めて韓国国内最大のコンサート会場での公演を成功させた。10CM Night~オヌルパメは「日本でも観客の表情が見える小さなライブハウスから始めたい」という本人たちの希望から始まったコンセプトである。
渋谷で行われたVol.1のゲストは日本を代表するタブラ奏者のU-Zhaan。チケットは即完売しプレミアムチケットとなった。2回目となる今回は7月6日(日)シンガーソングライター矢野まきをゲストに迎え、東京・六本木SUPER DELUXEにて開催された。

 

DSC_8081

10CMを近い距離で感じられるプレミアムなライブとなり、会場は小さな子供から年配の方まで幅広い年齢層と友人同士やカップルなど、たくさんのファンで埋め尽くされた。開演前にはステージにかけられモニターに楽屋の様子がリアルタイムで映し出された。10CMとバンドメンバーはツアーグッズを宣伝したり、アニメのキャラクターを描いたり、落ち着いた様子が確認された。大きな拍手と歓声で迎えられた二人は、「マウム」を披露。どこまでも伸びるボーカル、クォン・ジョンヨルと心地よいギター音をならすユン・チョルジョンの10CMの世界へとファンを導き、1曲歌う毎に「ありがとうございます」と話し、その曲に対する話や次の曲の紹介を楽しく紹介し、トークでもファンを盛り上げた。

DSC_8098

「アナジョ」では、クォン・ジョンヨルの合図に合わせてファンも歌い、会場が一体となった。ライブ中盤では、ゲストの矢野まきが登場し、矢野まきの曲と10CMの曲を1曲ずつセッションし、最後には「言葉にできない」を二人の調和された声でファンを魅了した。

 

DSC_8112

日本滞在中に作られたという新曲「クリウォラ」も披露され、「いつか日本語の歌詞のものを完成させて日本でも発売したい」と語った。新曲のほかにも、ファンからのリクエストに応えて即興で歌うシーンも見られ、観客との距離が近いからこそ味わえるライブとなった。公演後は囲み取材が行われ、ライブの感想や、日本の気に入っているところ、次にコラボしてみたいアーティストなどの質問にも答えた。

 

 

DSC_8067

詳しいレポートは後日掲載いたします。

 

2014年7月6日 PM 11 :00 配信 (C)Korepoニュース

 

10CM 公式Twitter
http://twitter.com/10cm_kjmusic
10CM 公式サイト
http://www.10cm-kjmusic.com
所属レーベルサイト
http://music.spaceshower.net/artist/10cm

 

2014.07.06

blank