YGを代表する実力派 女性シンガー「LEE HI」日本デビュー決定!

BIGBANG・PSY・WINNER・iKON・BLACKPINK等、全世界をまたにかけ絶大な人気を誇るアーティストを多数擁するYG ENTERTAINMENTに所属し、 BIGBANGYGを代表する実力派女性シンガー「LEE HI(読み:イ・ハイ)」の日本デビュー決定!

LEE HIは、2012年、韓国SBS-TVオーディション番組「K-POPスター」シーズン1に出演、準優勝。若干16歳とは思えないほどソウルフルな歌声で注目を浴びる、同年、BIGBANGやPSYなどが所属する韓国の大手音楽プロダクション、YG ENTERTAINMENTと契約し、2012年10月29日にデジタルシングル『1,2,3,4』でデビュー。
そのソウルフルな歌声は聴く者を惹き付け、2012年、下半期の韓国の主要音楽チャートを総なめにし、韓国本国では『怪物新人』と称され、SBS 『人気歌謡』の2013年上半期 新人ベストアーティスト1位に君臨。そして米国ビルボードが発表した同年のアーティスト番付「21 Under 21(21人の21歳未満)」に選定され、アジア以外の国々からの注目も集める。

2013年3月28日には『IT’S OVER』 『ROSE』等の楽曲を収録したフルアルバム『FIRST LOVE』を韓国でリリースしロングヒット。

2016年にはEPIK HIGHのTABLO、DJ TUKUTZプロデュースのもと、彼らが選りすぐったCode Kunst、DEAN、The Barberettes、SHINeeのジョンヒョン、Chancellorなど大勢の実力派アーティストが参加したアルバム『SEOULITE』を韓国にてリリース。


日本では、2014年にBIGBANGを始めとするYG FAMILYが勢揃いするコンサートツアーの日本公演「YG FAMILY WORLD TOUR 2014 -POWER- IN JAPAN」に出演し、日本のファンの前に初めて登場。その高い歌唱力を約21万人のオーディエンスに聴かせ、日本進出が望まれていた中、バラードの代表曲である「BREATHE」が日本でも話題になり、待望の日本デビュー発表となった。

今週末には、自身初の日本ツアーが控えており、ツイッターなどでもバンドとのリハーサルの風景が公開されている。

ソウルフルな楽曲から、バラードまで、歌声で聴く人を惹きつけるシンガーLEE HI。いわゆるK-POPシーンの歌手とは違う、韓国音楽シーンを代表するシンガーの日本進出は大いに注目されるだろう。
(2ページにつづく)

 

WINNER カン・スンユン&イ・ハイ、映画「ゴールデンスランバー」OSTに参加

<ゴールデンディスク>故SHINeeジョンヒョン追悼ステージ…イ・ハイが涙と共に「BREATHE」を熱唱

IUからイ・ハイまで…EPIK HIGH、コンサートにゲスト出演する豪華アーティスト公開

イ・ハイ、“韓国ミュージシャン初”コスメブランド「M・A・C」とコラボ

2018.01.26

blank