「速報」超新星ユナク 初主演映画「無花果の森」初日舞台あいさつ!ユナクはいい香り!

DSC_4714

6月14日(土)東京・シネマート新宿にて、超人気グループ「超新星」のリーダーユナクが、初主演映画「無花果の森」初日舞台あいさつのため、原田夏希、MiNo、古厩智之監督と共に登壇した。

ユナクが単独初主演を果たした日本映画「無花果の森」は小池真理子原作「無花果の森」(平成23年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞)を映画化。

ユナク演じるキム・ヨンホはある取材中に罪を着せられて逃亡。その先で出会った一人の人妻(原田夏希演じる新谷泉)。隠れた2人は禁断の恋に落ちる…。

【動画】ユナク(超新星)主演映画「無花果の森」初日舞台挨拶に登壇1

DSC_4633 DSC_4631 DSC_4629 DSC_4601

MCから呼び込まれ、大歓声と大きな拍手で迎えられた4人。

モノトーン調ジャケットにベスト、白Tシャツと黒いパンツ姿で登場したユナクは開口一番「もともと日本の映画がすごく好きだったので今回『無花果の森』の台本が来たときにうれしかったし、内容としてはちょっと悩んだけれど、監督さんといろいろ話してからは信じて頑張ろうと思いました」と語った。

DSC_4543 DSC_4655

また、ユナクの現場でのオモシロエピソードを聞かれた監督は「エピソードではないのですが、初めて会ったときからユナクはすごくいい香りがする」と言って会場を沸かせた。

思わぬ監督の発言にびっくりした様子を見せたユナクは、笑いながら少し照れた様子も見せ、客席は一段と和やかなムードとなった。

DSC_4401 DSC_4397

共演した原田夏希は「ユナクさんはいつも甘いものを召し上がっていらっしゃったのに太らないんですよね」と話し、ユナクの「ハハハ」という笑い声がとても印象に残っていると語った。

それに対しユナクは「この笑い声はソンジェ君のを真似てるんですよ」とグループ超新星のエピソードも明かし、仲の良さも見せた。

DSC_4524

DSC_4738

DSC_4592

上映前の舞台あいさつということもあり映画の内容についてはあまり触れることができず残念そうなユナクだったが、立ち見が出るほどの盛況ぶりには喜びを隠せない様子を見せた。

DSC_4393

DSC_4764 DSC_4768 DSC_4777 DSC_4779

詳しいレポートは後日掲載いたします。

 

2014年6月14日 pm 5: 35配信 (C)korepoニュース

 

「無花果の森」

【ストーリー】

超新星ユナク・日本映画初主演。絶望の闇におちた男女が織りなす、深く切なく甘美なラブストーリー

「君のことを守りたい」彼の言葉が彼女の心に光を射した

日本に留学し、ジャーナリストを目指すも、今では雑誌社のパパラッチとして働いている韓国人青年ヨンホ(ユナク)。彼は世界的有名指揮者、新谷吉彦

(三浦誠己)の妻・泉(原田夏希)への DV 疑惑を追っていた。そして、そのことを知られた彼女は、全てを捨て、ある町に身を隠し、偏屈で通る老女性画

家・天坊八重子(江波杏子)の住込み家政婦となった。しかし、ある日、ヨンホと泉は偶然にも再会する。しかも、再会した時のヨンホは、警察に追われてい

た。追われるヨンホと逃げる泉。二人は次第に心を寄せ合うようになるが…。

 

出演:ユナク(超新星)、原田夏希、三浦誠己、徳井優、木下ほうか、MiNo、瀬戸早妃、かでなれおん、名高達男、江波杏子

プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ  監督:古厩智之​

原作:小池真理子「無花果の森」(平成23年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞)(日本経済新聞社・刊)主題歌:「ジュエリーボックス」MiNo

特別協賛: VanaH(株) 製作:(株)アタデューラ 配給:BS-TBS

オフィシャルHP:http://www.bs-tbs.co.jp/ichijiku/

©2014『無花果の森』製作委員会

2014年/日本映画/カラー/ビスタサイズ/ステレオ/108分

 

6月14日(土)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー!

 

 

2014.06.14

blank