テミンとSHINeeを抱きしめてあげたい...静かに見守るファンの愛

2017.12.26

人気アイドルグループSHINeeテミンは、家族のようだった故ジョンヒョンを見送った。あまりにも突然で、別れのあいさつもできなかった。だから、残された者の悲しみはより大きい。

テミンは、ソロ歌手として年末の歌謡祭に出席して先輩や後輩たちと意味深い時間を過ごす予定だった。特に、29日に予定されている「2017 KBS歌謡大祝祭」で「THE UNIT」の先輩軍団としてファン・チヨル、ヒョナとともにソロステージを披露する予定だった。

しかし、青天の霹靂のような悲報が伝えられた。2008年からSHINeeとして共に活動してきたメンバーであるジョンヒョンが、18日に自ら命を絶ったのだ。激しいうつ病に苦しんできたことを遺書に残して突然去った彼を、テミンは嗚咽で見送った。

ジョンヒョンが去って1週間が過ぎたが、テミンはまだ心が整理されていない状況だ。このため、ステージに立つのは難しいと判断された。そして休暇が必要だと判断されて「歌謡大祝祭」に出演しないことを決定した。

(2ページに続く)

 

故SHINeeジョンヒョン、最後のインタビュー公開…“誰がこんなに大きな愛を受けることができるでしょうか”

芸能情報番組で、故SHINeeジョンヒョンの生前のインタビュー公開

【公式】「SHINee」テミン、「KBS歌謡大祝祭」は出演せず=「休息・安静が必要」

<SBS歌謡大祭典>歌手IU&ユ・ヒヨル、故ジョンヒョン(SHINee)追悼ステージ披露