防弾少年団、DJ Zeddのラブコールを受ける…コラボ実現なるか?

世界的なグループとして注目を集めている防弾少年団と全世界で人気のDJゼッド(Zedd)の夢のコラボは実現されるのか。
ゼッドは17日、自身のTwitterで防弾少年団の公式アカウントにメッセージを送った。ゼッドは、「こんにちは、みなさん。君たちが僕とコラボをしたいと言っていると聞きました。一緒にしましょう」として、防弾少年団のメンバーにラブコールを送った。これに対して防弾少年団のメンバーは、「一緒にしましょう(Let's do it)」とゼッドのラブコールに応えて、世界的な2チームのアーティストの出会いを予告した。
ゼッドは、ロシア出身の音楽プロデューサー兼DJで、2012年に本格的にデビューして、2014年には「第56回グラミー賞」で「最優秀ダンス・レコーディング賞」を受賞した。2015年には「ビルボード・エレクトロニックアルバムチャート」で1位にランクされ、全世界のEDMシーンの新星としての位置を確保した。

また、DJとしてだけでなく、レディー・ガガ、ブラック・アイド・ピーズ、ジャスティン・ビーバーなどの世界的なポップ歌手の曲作業に参加してプロデューサーとしても脚光を浴びている。
ゼッドは、AMA(American Musid Awards、アメリカンミュージックアワード)への出演を確定してK-POPグループとしては初めてAMAに出演する防弾少年団と会う予定だ。果たしてAMAで実現される両チームの出会いがコラボまで展開されるのかに関心が集められている。

 

防弾少年団、「2017 AMAs」まであと1日…すべての準備は整った

「防弾少年団」、米ラジオで英語曲の発表計画を明かす

防弾少年団&DJ Zedd、グローバルなコラボレーションが実現するか

防弾少年団RAP MONSTER、“「RM」の意味は本当の私”

2017.11.19

blank