「インタビュー」HALO「ここ、音楽界に僕たちがいることを知らせたい!」

写真=Histar Media

 

「ここ、音楽界にHALOという子達がいるということを知らせたいです」

デビュー4年目に入った6人組ボーイグループHALO(オウン・ディノ・ジェヨン・ヒチョン・インヘン・ユンドン) の願いだ。HALOは最近、3rdミニアルバム「HERE I AM」でカムバックした。タイトル曲「HERE I AM」で活発に活動している。

HALOのカムバックは、昨年9月発表した2ndミニアルバム以後10ヶ月ぶりだ。最近アイドルは早ければ3ヶ月、遅くて6ヶ月単位でカムバックすることに比べれば、かなり長い間かかったわけだ。年数に比べて認知度が低いHALOには、より一層長い時間だったそうだ。

だからこそHALOはメンバー同士疎通して気を引き締めた。焦る代わりに黙黙と自分達の道を歩いた。数多くの海外舞台に上がって見聞を広げたし、スケジュールがない時は一日中練習室で過ごしもした。そのような時間を経て「自然と成熟した」とHALOは話した。その結果が「HERE I AM」に込められた。

Q. 10ヶ月ぶりにカムバックしたね。最近のアイドルグループのカムバック周期と比較すると空白が長かったが。

オウン:準備する時間が長かっただけに、覚悟も格別だった。カムバックを控えてデビュー初期に戻った感じがした。メンバー各自、自らを振り返ってみて、今まで不足していた点を互いに話したりもした。気を引き締めることでメンバー間の絆が深くなった。

Q. 音楽番組のステージに久しぶりに立ってみてどうだったか?

ユンドン:空白期に多くのことが変わった。時間帯が変更された音楽番組もあった。初めてのカムバックステージは、KBS 2TVの「ミュージックバンク」だった。リハーサルの時にデビューの頃を思い出した。すごく緊張もしたけど、韓国のステージに立つことができて良かった。最近カムバックしたイ・ヒョリ先輩のステージが本当に格好良かった(笑)

オウン:イ・ヒョリ先輩が4年ぶりにカムバックしたが、活動が重なって光栄だった。「10 Minutes」時期から憧れだった。

Q. 今年の初め、Mnetのデビューサバイバルプログラム「プロデュース101」シーズン2に出演するという報道があった。

オウン:結論から言うと誤報だった。僕らはそんな話を聞いたことはない。考えたことすらなかった。「プロデュース101」シーズン2に出演すれば、当分グループ活動はできなくなるじゃないか。

ジェヨン:報道を聞いて「僕らが出演したら」って想像はしてみた。競争する番組に出演したことがなくて気になったし、(上手くやれる) 自身もあった。プログラムを好んで視聴してたが、練習生達の切実な姿を見て刺激になったよ。僕らも彼らのように頑張らなきゃっていう闘志が沸いた。

ディノ:参加練習生の中で、今回Wanna Oneとしてデビューすることになったハ・ソンウンと懇意にしている。最終11人が発表された日に「ありがとう」って連絡がきた。今はあまり連絡がとれない(笑)

Q. 韓国での空白期間、海外活動に力を注いだね。

オウン:カムバックを控えてカザフスタンで公演した。約1万5000人の観客と共にした。韓国国内でもこんな大きなステージに立ちたいと思った。

ディノ:台湾・ベトナム・ラオス・バンコク・マレーシア・ミャンマーなど、東南アジア国家と、中国・日本などでも活動した。これまで行ってみたことのない国々でステージをして、経験をたくさん積むことができた。

オウン:思ったより現地ファンがすごく好きでいれくれて、慣れなかったけれど感動した。見聞を広げる時間だった。

Q. 海外に通じるHALOの魅力は何だろうか?

ヒチョン:ひとまず6人の容貌がみな違う。ファンが自分の好みに合うメンバーを好きになれるというのが強みだ。また、外国語が下手なので、身振り手振りで海外ファンとコミュニケーションを取る。そのような姿を可愛く思って貰えてるようだ(笑)

(2ページに続く)

2017.07.25

blank