「取材レポ」六等星のように光り続けるCODE-V ワンマンライブ開催「これからも皆さんのそばでずっと歌っていきたいです」

2017年1月にソルが除隊し、ついに念願のフルメンバー6人での活動をスタートさせたCODE-V。伸びやかな歌声、そして6人が奏でるハーモニーを多くのファンが待ち望んできた。そんなCODE-Vが、3月20日(月・祝)に「CODE-V SPRING LIVE2017 ~宇宙No.1イケメンが帰ってきた!BEST SIX STARS~」を東京・豊洲PITで開催した。

ステージが暗転すると、2013年に行われた武道館公演の様子からウシクとテフンの2人体制になった頃の活動VTRが流れ、スクリーン上には「そして6人のCODE-Vへ」の文字が。ステージ中央から6人が姿をあらわすと、ファンからは大きな歓声があがった。

オープニングは、メンバーにとってもファンにとっても思い出深いナンバー「約束」からスタート。ソルは「今日はせっかく6人揃っての初ワンマンライブなので、1曲目から『約束』を歌いました。この『約束』という曲は“どんなことがあってもみんなのそばで歌います”という僕たちからの約束だったので1曲目で歌いました」と、ファンのもとに帰って来られた喜びを伝えた。


続いて、ナロが「今日はもう一つ、皆さんと約束したいことがあります。それは2017年最高の思い出を作ってあげるという約束です!準備はいいですかー!東京!盛り上がってくれますかー!」と呼びかけると、会場の熱気はさらにヒートアップ。「I Believe」、「Shooting Star」、「One way love」と、ファンとの掛け合いが盛り上がるナンバーを立て続けに披露した。

(2ページに続く)

2017.03.29

blank