「取材レポ」キム・キュジョン(SS501、Double S 301)“○×ゲームにファン困惑!?照れる姿がキュート”「キム・キュジョFANMEETING IN TOKYO『キセキ』」開催

elvn9-___-___-%e3%81%8d%e3%81%9b%e3%81%8d-1

SS501、Double S 301で活躍中のキム・キュジョンが、11月30日(水)東京・新宿文化センターにて「キム・キュジョンFANMEETING IN TOKYO「キセキ」 を開催した。

キム・キュジョンは、2005年にアイドルグループSS501のメンバーとして韓国でデビュー。SS501のメンバーとともに結成したDouble S 301の活動も活発に行っている。
また、音楽活動のみならず、ドラマ、バラエティ、ミュージカル等、様々な分野にて活躍中である。
日本でもグループとしての活動はもちろん、ソロとしてシングルをリリースし、ソロアーティスト活動を果たした。
ファン待望のソロイベントである同公演は、1部「出会えた奇跡」、2部「共に歩んできた軌跡」というサブタイトルで、今までを振り返りながらのトークやファンと楽しめるゲーム、そしてソロライブと多彩なキュジョンの魅力を披露し、大盛況を記した。

昼公演開始前、グッズ購入者には、公演終了後のMeet&Greetに当たる機会があることもあり、本日の記念の品をgetしようと、グッズ売り場はファンであふれていた。

会場が暗転するとブルーの照明に照らされたステージにダンサーを従えたキム・キュジョンが登場!
1曲目「Yesterday」でファンミーティングはスタートした。
緑のペンライトを振り、歓声をあげるファンに迎えられ、「Get Ya'Luv」を歌い上げたキム・キュジョンは、「皆さん、SS501とDouble S 301のキラキラ光るキュジョンです」とあいさつ。「一人では、久しぶりですよね。今日は、ソロで来ました」と日本活動の長い彼は、日本語のイントネーションも自然だ。

ファンが話しかけると、優しく「うん?」と耳を傾ける。その優しい仕草に、オープニングから多くのファンをキュンとさせた。
「今日はゲームもありますので、最後まで楽しんでください。では次の曲を聴いて下さい」と「ホシゾラ」へ。曲の途中で、ファンにマイクを向けたキュジョンは、会場と一緒に歌を楽しんだ。次の日本語カバー曲で隣に寄り添うような優しい歌声を聴かせ、ファンのハートをとろけさせた。

ここで、司会のみんしるが登場し、最初のトークコーナーへ。
「日本語のカバー曲をファンの皆さんにちゃんと歌いたいと思ったら、久しぶりに緊張した」と、震える手を見せるキュジョン。
「前回は、通訳がいたのに、今回は、日本語がすごく上達していて驚きました」とみんしるが言うように、キュジョンは、通訳なしで、流暢な日本語トークで進行。

その姿に「キュジョン最高!」という声がかかると「ありがとうございます!」と応え、「モシッソ(かっこいい)」には、「へへっ」と照れる姿がかわいらしい。歌のステージ以外会場は、終始ほんわかした空気に包まれていた。(2ページに続く)

2016.12.07

blank