「インタビュー」「T-ARA」、彼女たちの時間は正直だった

 

韓国ガールズグループ「T-ARA」はデビューして7年を迎え、いつの間にか歌謡界の中堅になっていた。喜びの瞬間があるほどに涙と痛みの時間が伴った。「T-ARA」の時間は正直だった。

しばらく海外での活動を主にしていた「T-ARA」が、12thミニアルバム「REMEMBER」を発表して韓国国内での活動を始めた。タイトル曲「TIAMO」は、これまでの「T-ARA」らしいレトロサウンドが排除された叙情的なメロディーの曲だ。

ジヨンは「今回のアルバムは跳躍を望んで準備したわけではありません。ファンに私たちの気持ちを伝えたかったんです。歌詞を見たらファンへの感謝の気持ちがわかります」と説明。「曲を聴くとすぐに私たちがファンに言いたい言葉だと思いました。今回のアルバムで再起するという気持ちはありませんでした。うまくやらなきゃというプレッシャーというよりは、ファンと一緒に思い出を作りたかったんです。」

タイトル曲「TIAMO」は、これまでガールズグループが見せてきた歌と歩調を合わせている。清純ながらも叙情的な魅力が全体的な雰囲気を支配しているのだ。しかし「T-ARA」だから新鮮なのだ。

ウンジョンは「今回のスタイルを番組では見せたことはないので、初めはプレッシャーでした。一度も試したことがないことをするのは“挑戦”ですよね。誰が見ても『T-ARA』らしいものになるか悩みもしました。しかし悩んだ末、挑戦してみることにしたんです」と明かした。

「T-ARA」の新曲発表が決まった時、ファンの間では今回のアルバムが最後になるのではないかという推測が飛び交った。デビューして7年経ったガールズグループは、再契約の代わりに解散を選び、歌謡界の歴史の中に消えてしまっていたからだ。(2ページに続く)

2016.11.26

blank