ユン・サンヒョン、「ファンミーティング2012」で魅力全開!ファンを魅了!

 

 

 

韓国のみならず日本でも絶大な人気を博すユン・サンヒョンが、11月18日、舞浜アンフィシアターにて、『ユン・サンヒョン ファンミーティング 2012』を開催した。

 

ysh2009年に主演したドラマ『僕の妻はスーパーウーマン』では、最高視聴率31.8%を記録し、韓国MBC演技大賞で男性最優秀賞を受賞。劇中で披露した甘い歌声が注目を集め、念願の歌手デビューも果たしたユン・サンヒョン。『お嬢様をお願い』『シークレット・ガーデン』等、出演するドラマは次々と大ヒットに。実力派俳優兼歌手として大活躍中の彼が、日本のファンに会うため来日した。

 

8か月ぶりとなった待望の単独イベントは、スペシャルな2部構成。第1部は、ファンクラブ会員限定の「You & I」、第2部は、ファンクラブ会員以外のファンも参加可能の「Sweet & Lovely」というタイトルで、ファンとの心温まる時間を過ごした。

第1部は、R.Kellyの<I believe I can fly>を歌いながら登場。大歓声で迎えられたユン・サンヒョンは、「皆さん、会いたかったです。お元気でしたか?もうすぐ冬ですね。風には気を付けて下さいね。」と優しく語りかけ、Lionel Richi の名曲“Hello”で、さらに甘い歌声を届けた。

 

yshファンクラブ限定のイベントを初めて開催したこの日、「僕と一緒に心を1つにして楽しんでほしい」と、「You & I」というタイトルをつけたという。
「ファンの皆さんを泣かせるために頑張って練習してきました。一緒に歌いましょう。」と
自らピアノ伴奏を披露。ステージでピアノを弾くのは初めてと、大緊張のユン・サンヒョンを、ファンたちの優しい眼差しが包み込んだ。

近況について問われると、「最近は自転車にハマっているんです。年を取ると昔のことを色々思い出すんですよね。そんな昔の思い出を楽しみながら自転車に乗っています。」「ママチャリ?違いますよ。マウンテンバイク!(笑) 往復80kmくらい走ります。」と言って屈託ない笑顔をみせた。

 

俳優デビュー7年めにしてスクリーンデビューを飾ることとなった、主演映画『音痴クリニック』が、11月29日に韓国で公開される。「音痴クリニックの講師役で、見かけは女性が寄り付かないような汚ない姿、今までやったことのない役です。皆さんが見たらがっかりするかな?」と役どころを説明。「年齢は40才ですが、新人の映画俳優です。これまでは、明るいキャラクターが多かったのですが、サイケな役など、色々な役を演じられるようになりたいです。皆さんがユン・サンヒョンのファンであることを誇れるような俳優になれるように頑張ります。」と力強く語ると、会場からは大きな拍手が送られた。

 

現在日本でも放映中の人気ドラマ『負けたくない』では、チェ・ジウとのキスシーンについての気持ちを聞かれるも、「演技ですから」とあっさり。『シークレット・ガーデン』でのヒョンビンとの男同士のキスシーンは、「かなりプレッシャーでしたが、やってみたらそんなに変な感じはなかったですね。」と笑った。

その他クイズや私物プレゼントで会場を盛り上げ、ステージから降りて会場を練り歩き、クイズの正解者に直接プレゼントを手渡すというサプライズに、ファンは大興奮。一人のファンのために<君に届くまで歌うLOVE SONG>を歌うスペシャルなプレゼントも飛び出した。

 

後半はミニライブタイムに!音楽活動を共にするミュージシャンの生ギター演奏のもと、『シークレット・ガーデン』で自身が演じたオスカーが歌う<涙の跡>や、『お嬢様をお願い』でユン・ウネとデュエットした曲<ロマンス>などを熱唱。幻想的な照明アップの中で、ユン・サンヒョンの甘い歌声が会場いっぱいに響き渡った瞬間となった。<明日>は、この日のために新しくアップテンポにアレンジ。会場は総立ちとなり、アンコールの<擬態>Mr.childrenまで会場が一つになって盛り上がった。

yshミニライブが始まるとすぐに、汗を拭いたタオルを端の席のファンに投げ込む場面も。「こちらの席の方の人たちにプレゼントがいかなかったから・・・。」と。こういう気遣いが、ユン・サンヒョンの人柄を表し、ファンの心をつかんで離さないのだろう。

 

第2部は、ユン・サンヒョンがお客様をおもてなしするというコンセプトのもと、「心を込めて愛を届けたい」という思いをこめた甘い時間へ。

「昨日の夜、思わず目が覚めるような曲がTVから流れてきたんです。」と言って、槇原敬之の<もう恋なんてしない>を口ずさみ、「今度この曲をぜったいにカバーします。」と宣言したかと思うと、最近の体調管理について「野菜とフルーツで体質が変わりました。」と力説。「一番好きな野菜は二ラです。でも、プレゼントで送ってこないでね。」とお茶目なお願いも。

また、ユン・サンヒョンと解体新書と題して改めて魅力を分析。
趣味の山登りから大好きな“ひつまぶし”の話など、プロフィールや、これまでの活躍を写真と映像で紹介した。また、懐かしいチョコレートメーカーROYCE’のCMのセリフ「ん~、とろける~」と再現し、ファンを喜ばせた。

大ヒットを飛ばしている数々のドラマに出演しているサンヒョンだが、会場の一番人気は『お嬢様をお願い』に軍配があがった。しかし、彼自身の一番印象に残る作品は『冬鳥』だという。「とても厳しい状況のなか、大変苦労して演技しましたが、演技がこんなにも面白いものだと教えてくれたのがこの作品です。このドラマに出会わなかったら、今ここにいなかったかも。」と感慨深げに話す姿には、俳優としての覚悟が感じられた。

 

会場から抽選で選ばれた一人と『お嬢様お願い』のワンシーン、海辺でのラブラブな演技を披露したり、クイズや記念撮影など、ファンとの距離を縮めていった。第2部も1部同様ミニライブを行い、ファンを魅了。

yshさらに、12月21日に『クリスマスライブ2012(ライブ&ハイタッチ会)』開催決定を緊急発表し、「クリスマスの時期にライブをするのは初めて。

2012.11.19

blank