「インタビュー」「B1A4」サンドゥル、同じ経験をしたKANGTA先輩の言葉が心に響いた

 

「B1A4」のメンバーは、サンドゥルのステージに対してモニターチェックも一生懸命にしてくれたという。サンドゥルは「ものすごくチェックしてくれました。おかしな写真まで送ってくれたりしました。変な表情をしたり、ウインクをしたりすれば『気持ち悪い』などと言いながらも、僕のステージを全部見てくれているようでした」と述べた。

シヌゥ兄さんは、僕の手を取って発声練習をしてくれたんです。兄さんの後について声を出せというので従ったら、翌日に声がかすれていたこともありました。でも何とかして手伝ってくれようとするのが、かわいらしく思いました。ジニョン兄さんはMelonチャート専門家なんですが、6位になったときに褒めてくれました。」

サンドゥルのソロアルバムはアナログな感じの曲でつまっている。トレンドに合わせるよりはサンドゥルの声から出てくる純粋な感情にあふれたアルバムだ。「今のトレンドに合わせるより、僕の考えを中心にした曲を入れました。歌詞に集中していると言えます」とし、「今後、僕のアルバムはその時のトレンドに合わせるよりも、いつものように粘り強く僕のスタイルでいきたいです。」

大先輩のKANGTAが務めるラジオ番組「星が輝く夜に」に出演した際に、KANGTAと同じように感じたという。サンドゥルは「KANGTA先輩が、ソロアルバムは全曲自作曲にしなければならないとおっしゃっていたんですが、僕と同じ考えでした」と話し始めた。

(3ページに続く)

2016.10.22

blank