イ・ジュンギ『アラン使道伝』のプロモーションで特別来日、新大久保から生中継!


韓国大手放送局MBCが新大久保に日本初のMBC USTREAMスタジオをオープンさせ、その記念イベントとして「2012 K-FOOD&MBC DRAMA Festival」を開催。

イ・ジュンギ

 

初日である10月19日人気俳優イ・ジュンギが特別ゲストとして登場、兵役後初の復帰作として注目を浴びたドラマ『アラン使徒伝』の日本公式記者会見が行われた。

 

この『アラン使徒伝』は前日韓国でドラマの最終回を終えたばかりの超最新作。

舞台は朝鮮時代の慶南地方。暗い過去を背負った若き使徒「ウノ」と記憶を失ったシン・ミナ演じる美しい幽霊「アラン」が出会ったところから物語は始まる。
韓国の有名な伝説、アラン伝説を題材にロマンチックコメディ、ミステリー、アクションなど様々な要素を掛け合わせた、非常に見ごたえのある今年No1の話題作と言える。

早くも10月27日よりKNTVでの日本放送が決定したということもあり会場にはたくさんの報道陣がかけつけた。

イ・ジュンギが洗練されたグレーのスーツ姿で登場するといっせいにカメラがむけられ、前日に最終回が韓国で無事放送を終えたことに対しMCから「お疲れ様でした」と伝えると「ありがとうございます」と日本語で深々とお辞儀をしながら感謝の思いを伝えた。

 

 

 

 

イ・ジュンギ

さっそくドラマを終えての今の気持ちをうかがうと「本当に今はとてもすがすがしい気分です。皆さんご存知のように韓国ドラマは本当に体力、そして心理的な圧迫との戦いなんです。ですから今はすべてを終えて気分がいいです。ですがもう一方ではちょっと悲しく寂しい気持ちもあります。5ヶ月もの間、家族よりもずっと近くで過ごしたスタッフの方、共演した俳優さん、監督ともう一緒に過ごせないと思うと悲しいです。」と心境を語った。

 

 

続けて兵役後の初復帰作として、たくさんのオファーの中、今回このドラマを選んだ1番の理由を尋ねると「個人的に様々なジャンルを含む時代劇がとても好きなんです。皆さんの中でイ・ジュンギといえば時代劇というイメージがあるみたいなんです。現代劇と時代劇と同じぐらいやってはいるんですが、時代劇のイメージが強いみたいです。それで時代劇をまずはやりたいと思いました。それからこのドラマで多様な姿をお見せできる機会になると確信を持ちました。軍隊にいる間は本当に演技がしたくてたまりませんでした。それから共演者のシン・ミナさんは韓国でもすごく人気の女優さんですからシン・ミナさんとロマンスを撮れるというのも新しい姿をお見せできるのではないかという期待感を持てたので選びました。(笑)」とドラマの魅力も含めて答えてくれた。

 

 

イ・ジュンギ

撮影はアクションが非常にハードだったと聞いているが、撮影中の怪我などはなかったのか?の質問に

「怪我はしましたね。アクションをするということは基本的に怪我はつきものだと思います。本人が直接やるということは簡単なことではありませんが、その中でいい演技ができた時のその達成感は言葉では言い尽くせません。そしてそうゆう演技を見て視聴者の方はすごく楽しむことができると思うんです。ですからそこに集中して出来る限り挑戦しました。今回のほとんどのアクションシーンを自分自身でやったという初めての作品になったと思います。」と熱く語ったジュンギ。

 

イ・ジュンギ

続けて「それから芸術監督と一緒に僕が作ったシーンがあるんですけれどもその場面を見てもイ・ジュンギが作ったシーンなんだなと思って楽しめるのではないかとも思います。すごく努力しましたね。」とイ・ジュンギならではの、ドラマに対しての見所を熱くアピールした。

 

共演者の方々や、撮影中の雰囲気について訪ねると「すごくよかったです。監督もすごく愉快な方でしたし、すべてのスタッフの方とも呼吸がすごく合っていました。俳優イ・ジュンギが出るということでスタッフの方もすごく注目して下さっていたみたいで撮影が終わってから、やはりイ・ジュンギは見事だったと満足して下さいました。すごく楽しみながらできたと思います。大変なこともありましたが俳優としての自分をすごく充たせたと思いました。」と嬉しそうに答えた。

 

日本で10月27日よりKNTVでの放送が始まるにあたっての気持ちを伺うと「日本の観客の方もとても楽しんでいただけると思っています。楽しんで見てほしいと思います。初放送前のようにわくわくしています。作品の評価はみなさんにしていただいて、もし楽しかったならば親戚の方やお友達に紹介していただいてたくさんの日本の方に愛してもらえる、記憶に残る作品になるよう助けていただけたらと思います。一生懸命やりましたので楽しんでみてください。」とドラマのPRを行った。

 

 

イ・ジュンギ

記者から兵役後の復帰作ということで久しぶりにカメラの前に立った気持ちはの問に

「カメラの前に立つ直前まで極度の不安と恐怖を感じていました。2年間演技をせずただ国を守ることしかしていなかったのですごくストレスを感じてました。でもカメラに立つと自分でも無意識だったのですが、みんなも私がおかしくなってしまったんではないかと思ったほどカメラの前で遊んでいました。(笑)ですからイジュンギがどれほど撮影をやりたかったのか、我慢していたのかと周りが不憫に思うほどカメラの前を僕は楽しんでいました。自分でも不思議でしたし、その時本当に俳優という職業を選んでよかったと思いました。」と楽しそうに伝えた。

 

フォトセッションではおちゃめなジュンギらしく様々
なポーズで報道陣にサービス、最後に今後の活動計画を「世界各国にいらっしゃる僕のファンに2年間待っていただいたので、これから休まず作品をずっと提供していけるよう早く作品を選んで素敵なキャラクターをお見せしたいです。

そしてファンの方と一緒に遊べるようにファンミーティングのような時間も作りたいと思ってます。それから演技だけでなく様々なことに挑戦したいと思っています。そんな風にみなさんを驚かせるよう、様々な方面で皆さんが楽しめるよう考えて悩んで努力していきたいと思ってますので期待していてください。」と力強く抱負を語った。

また、17日に日本1stシングル「Convince Myself」をリリースし『アラン使道伝』OSTに参加している「バラード界の王子様」歌手イ・キチャンも登場し、「長く皆さんを感動させる歌を歌っていきたい」と日本で活動できる喜びを表した。

 

イ・ジュンギ ファンミーティングは12月4,5,10日。名古屋、大阪、東京で開催する予定。

一回り大きくなったイ・ジュンギの活躍が楽しみだ。

取材: photo ham / report tokumaru

イ・ジュンギ

 イ・ジュンギ

 イ・ジュンギ

イ・ジュンギ ファンミーティングツアー

2012年12月4日(火)名古屋国際会議場センチュリーホール

2012年12月5日(水)大阪国際会議場(グランキューブ大阪)

2012年12月10日(月)パシフィコ横浜 国立大ホール

イ・ジュンギ日本公式サイト「SPLENDOR」

http://www.joongi-splendor.jp/

 

歌手イ・キチャン

 

イ・キチャン 日本ファーストシングル「Convince Myself」

発売日: 2012年10月17日(水) 通常価格: 1,680円(税込)

特典: 12Pブックレット

 

【収録内容】

1. 夢でも

2. WITH U

3. PLEASE JAPANESE VER.

4. 夢でも INST.

5. BONUS TRACK あなたに向かって(アラン使道伝 OST収録曲)

発売元/販売元 IMX

イ・キチャン日本公式サイト

http://www.leekichan.jp/

 

2011.10.21

blank