「インタビュー」防弾少年団、"「無限に挑戦」のパク・ミョンスのラブコールが嬉しかった。僕らも成長したようです"

201610131807775308_57ff4f2314f66

人気アイドルグループ防弾少年団が、「無限に挑戦」のパク・ミョンスのラブコールについて、「愛聴者として僕らのことが話題になって嬉しいです」と語った。パク・ミョンスとの出会いが実現してもいいという意味だ。
防弾少年団は、13日午後、ケーブルチャンネルMnet「M COUNTDOWN」で、カムバックステージを終えた心境を語った。防弾少年団はこの日、「M COUNTDOWN」で新曲「血、汗、涙」と「Am I Wrong」、「21世紀少女」の3曲を公開した。

久しぶりに韓国でファンに会った防弾少年団の気分ちは特別だった。J-HOPEは、カムバックステージを終えたことについて「5か月ぶりです。久しぶりなのでドキドキしました。早くステージをファンに公開したくて、早く僕らが血と汗と涙を流した練習の成果をお見せしたいと思いました」と明らかにした。
またジンは、「ファンの前で公開しましたが、久しぶりなので僕らもよかったし、ファンも喜んでくれました。気分が良かったです。夜明けなのに沢山来てくれました」とファンに感謝の思いを伝えた。

ジミンも、「ミュージックビデオにはなかった曲です。まともに見るのは初めてだと思います。久しぶりなのでかっこよく見えたらうれしいです」と語った。
この日防弾少年団は、MBCのバラエティ番組である「無限に挑戦-ダンシング・キング特集」でパク・ミョンスが彼らにラブコールを送ったことについて「感謝します」と言った。「ダンシング・キング」特集でパク・ミョンスは、ユ・ジェソクがEXOとコラボレーションステージを公開すると、キム・テホPDに「防弾少年団とダンスを一度してみる」と連絡したという。(2ページに続く)

2016.10.13

blank