「インタビュー」イ・ジュニョク、主演ドラマ「青い鳥の輪舞〈ロンド〉」オフィシャルインタビュー

%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a5%e3%83%8b%e3%83%a7%e3%82%af%e2%91%a0『青い鳥の輪舞〈ロンド〉』イ・ジュニョク オフィシャルインタビュー

 

格差恋愛、三角関係、出生の秘密や過去の確執など、韓国ドラマに欠かせないマクチャン要素が詰め込まれ、常に20%を超える視聴率を獲得したヒューマン・ラブストーリー「青い鳥の輪舞〈ロンド〉」がDVDで好評リリース中。
幼いころに父親を亡くし、母、祖母、妹を支える長男 キム・ジワンを、「シティーハンターin Seoul」「赤道の男」など陰のある役柄から、「私の人生の春の日」の誠実な心臓専門医まで、幅広い演技力でファンを魅了するイ・ジュニョクが演じている。初主演となった本作では就職活動に奮闘する生真面目な青年ジワンを演じ、さらなる人気を獲得したイ・ジュニョクのオフィシャルインタビューが到着!

1_sub3_%e9%9d%92%e3%81%84%e9%b3%a5s

――台本を初めて読んだ時はいかがでしたか? 「青い鳥の輪舞〈ロンド〉」というタイトルをお聞きになった時はどのような気持ちでしたか?
イ・ジュニョク:タイトルを見た時は、幸福についての家族の話だと思いました。台本をもらった時は、私が今まで演じてきたキャラクターとは違って、特別な職業でもない、医師や弁護士でもない、普通のところが、かえって胸に響いたようです。

 

――演じたキム・ジワン役について簡単に紹介してください。
イ・ジュニョク:ジワンの生家は経済的にも苦しいのに就職もままなりません。彼は、見方によっては自分の人生というものがない青年です。普通のドラマは能力があったり、素晴らしい人物を描いていたりするものですが、このドラマはそうではありません。ジワンは何の取り柄もない、さえない人物です。しかし、私にはそれが魅力的に思えました。最後まで、すごい人になると期待することもなかったし、小さなことに黙々とたえて一生懸命に生きていくのは立派なことだなと思いました。

 

――ジワンと、イ・ジュニョクさん本人との相違点はありますか?
イ・ジュニョク:ドラマに出演する度に、似ているところや見習いたいと思うところがありますが、キャラクターというよりは、考え方の方向性が似ていると思うことが多いです。前作の『私の人生の春の日』では、失ってしまった愛について考えました。この作品では、このような現実にあって、こんなふうに何の取り柄もない青年が、生きていくことについて関心を抱きました。それでジワン役を演じてみたくなったようです。

 

――違うところは?
イ・ジュニョク:まずは、私とジワンとでは直面している現実がとても異なりますよね。私はジワンよりは収入もいいし、仕事もあります。ただ、今まで演じてきた役は、私よりも優秀でしたが、今回は違います。だからジワンは、私が面倒を見てあげたくなるようなキャラクターでした。年齢も私より下でしたからね。

(2ページにつづく)

 

2016.10.07

blank