「取材レポ」Boys Republic日本デビュー記念のドラマでキスシーンも!?「Only Girl~first movie~」一夜限りの上映会開催

dsc_5706左から ミンス、ソヌ、ウォンジュン、スウン、ソンジュン

今年5月に行われた無料招待イベント「Royal Mekorial Ceremony Vol.0〜春の心」で日本での本格的な活動のスタートを切ったBoys Republicが日本デビューを記念し映像作品「Only Girl」を制作。9月27日(火)東京・ユナイテッド・シネマ豊洲にて1夜限りの上映会「Only Girl~first movie~」を行った。

2013年韓国デビューした少年共和国ことBoys Republicは、ウォンジュン、ソヌ、ソンジュン、ミンス、スウンの5人組韓国ボーイズグループ。Boys Republic(少年共和国)というグループ名は「音楽を通じて伝えたいことを伝える、そして人々とコミュニケーションできる空間(国)」という意味を持つ。2013年、「Party Rock」で韓国デビュー、タイを含むアジア4ヶ国でiTunesシングルチャート1位、日本のドワンゴK-POP部門もデイリー1位を取得するなど、アーティストとして高い評価を受ける。リリースの度に様々な表情を魅せるアーティストとして確実に成長を遂げ、活動はアジアだけに留まらず、2015年には7ヶ国8都市をまわるヨーロッパツアーを実施し、世界のロイヤルファミリー(彼らのファンの名称)を魅了した。5人はグループ活動のほかにも、ドラマ出演、楽曲を手掛けるなどそれぞれに活躍している。韓国で音源がリリースされる度に日本でも注目され、イベント等にも多数出演してきており、日本でのデビューを期待されていた。

dsc_5512 dsc_5515

本イベントは、上映前に Boys Republicメンバーのあいさつ、ドラマやデビュー曲についてのトーク、デビュー曲「Only Girl」パフォーマンス披露、映像作品「Only Girl」の上映と進行された。

開演時間になると、会場のドアから、颯爽と5人が登場し、ファンの大歓迎の中ステージへ。
「せーの!Boys Republic!こんにちは、Boys Republicです」と5人で声を合わせ、元気よくあいさつしたあとは、「こんにちは、僕はエンジェルソヌです。皆さんに会いたかったです」「こんにちは、僕は末っ子のスンウです。元気でしたか?」「こんにちは、僕はソンジュンです。チームでラップとダンスを担当しています」「こんにちは、僕はチームでラップとダンスを担当しているミンスです」「こんにちは、僕はリーダーのウォンジュンです。今日もよろしくお願いします」それぞれ自己紹介し、トークがスタート。
まずは、日本デビュー曲「Only Girl」の発売が翌日に迫っていることについて、メンバーは、ドキドキしていると、今の気持ちを素直に表現した。

dsc_5518 dsc_5522

また、今日上映される映像のために撮ったドラマについては、「僕が一番上手!(ほかのメンバーは)まだまだです~」と自信満々に答えるウォンジュンに、「(リーダーは)毎日うそをつく人です」とメンバーがツッコミを入れると会場は笑いに包まれた。
ドラマのお気に入りポイントを聞かれると、ソヌは、「主人公を探すために走る部分が本当に大変だった」と言い、数歩だけ走る真似をして会場の笑いを誘った。スウンは自分のキスシーンが、本当にセクシーだとアピールし、初めてで本当にドキドキだったと告白。(2ページに続く)

2016.09.28

blank